未分類

プランテルよりも絶対にフィンジアを購入すべき理由

投稿日:

プランテルとフィンジアはどっちがいいのか購入を検討している人も多いと思います。

迷わずプランテルよりもフィンジアを購入すべきです。

僕自身28歳M字ハゲで、M字ハゲの進行を止めるのと、抜け毛を防ぐ効果を重視したい。

しがないサラリーマンで毎月育毛剤にかけられる費用は少ない。

かつ、頭皮が敏感肌なので、安全で副作用のない育毛剤を選びたい。

この3つの観点で、フィンジアとプランテルを徹底的に比較し、選びました。

この記事で、20歳M字ハゲのサラリーマンがどういう基準で、プランテルよりもフィンジアの方がいい育毛剤だと言えるのかの根拠について解説していきます。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

M字ハゲだったらプランテルよりもフィンジアが断然おすすめ

M字ハゲがすすみ、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあった自分は、とにかくこれ以上M字部分の抜け毛が増やしたくありませんでした。

そのため、プランテルとフィンジアはどっちが額の生え際部分の薄毛に作用させることができるのかを重点的に比較しました。

その結果、配合されている成分と育毛剤の持つ効果から言って、プランテルよりも圧倒的にフィンジアの方がM字ハゲと抜け毛に効果があると言えます。

M字部分と頭頂部の抜け毛を抑えるには、M字部分の髪を脱毛させてしまう男性ホルモン(DHT)を抑えること。

M字部分の抜け毛を抑えただけでは十分でなく、M字部分の毛根に血液を送り細胞を活性化させ髪を太く強くすること。

この2つの育毛剤の働きが重要になってきます。

フィンジアには、1つの成分でこの2つの働きを持つキャピキシルやピディオキシジルなど、プランテルにないすごい主成分が配合されているんです。

この時点で、フィンジアを使うべきなのは決まったようなものですが、念のためもう少しフィンジアとプランテルのM字の抜け毛への効果を見てみます。

フィンジアにはM字の血行を促進し、M字の髪の毛を強く抜けにくくする成分がカプサイシンとセンブリエキス、キャピキシルの3種類配合。

男性ホルモンのジヒドロテストステロンを作る元となる5αリダクターゼを抑制するヒオウギエキス、キャピキシル、ピディオキシジル、ビワ葉エキスの4種類配合。

一方、プランテルには、M字の髪を強くする血行促進効果のある成分がセファランチン、センブリエキスの2種類。

M字の抜け毛を防ぐ男性ホルモン抑制成分が、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスの2種類。

フィンジアには、海外メーカーが開発したキャピキシルとピディオキシジルという2大注目成分が配合されているだけでなく、M字の抜け毛を抑えるのに必要なヘアケア成分が、プランテルよりもすべて多く配合されてあったんですね。

つまり、M字ハゲの抜け毛を抑え、生え際部分の髪を太く強く実感できるのはプランテルよりもフィンジアだということになるのがわかってもらえたと思います。

最後に、プランテルとフィンジアの全体の成分数を比べてみても一目瞭然。

プランテルは14種類に対し、フィンジアは25種類。

抜け毛が増えてM字ハゲが進行していて生え際の地肌が透けてきたって人は、迷わずフィンジアを使うべきです。

 

プランテルよりもフィンジアの方がAGAへの効果が高い

プランテルとフィンジアをagaを改善する効果が高いのはどっちなのか比較したところ圧倒的にフィンジアの方が効果的です。

なぜなら、プランテルよりもフィンジアの方がagaを発生させる原因物質を抑える成分が多く配合されているからです。

agaは、つむじと生え際のm字部分にしかない還元酵素といわれる5αリダクターゼが男性ホルモンと結びつくことによって、髪の毛を脱毛させるジヒドロテストロンを発生させます。

つまり、agaを防ぐには女性ホルモンの働きを活発させるような成分で男性ホルモンの働きを相対的に弱めるか、5αリダクターゼの働きを弱めるような天然成分のどちらかを含んだ育毛剤でないと効果がないと断言できます。

その点、プランテルには5αリダクターゼを抑える成分がヒオウギエキス、ビワ葉エキスの2種類。

フィンジアには、キャピキシル、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスの3種類。

単純にフィンジアの方がキャピキシルの1種類多いだけだと思いがちですが、キャピキシルはアカツメクサとアセチルテトラペプチド-3を合わせた最新成分です。

5αリダクターゼを抑える働きのあるアカツメクサ花エキスと、ミノキシジルの働きと同じ毛根の細胞活性化効果を併せ持っています。

当然、プランテルよりもフィンジアの方がagaに効果的なのは明らかでしょう。

m字ハゲやつむじハゲの症状が進行してきた、育毛剤でなんとか進行を止めたいという人は絶対にフィンジアを選ぶべきです。

 

月々の価格を抑えたい場合はフィンジアよりもプランテル

育毛剤は、ヘアサイクルの関係から最低でも半年間は使わないと効果が得られないので、月々にかかる育毛剤費用はできるだけ抑えたいですよね。

そこで、単純に育毛剤1本あたりの価格だけで比較すると、フィンジアよりもプランテルの方が安いです。

どうしてもプランテルとフィンジアの安い方を買いたいって人は、プランテルを選ぶのがいいでしょう。

ですが、プランテルとフィンジアの価格差を比較すると、単品購入だと4000円程度フィンジアの方が高いから差は結構大きいことがわかります。

単品購入価格
プランテルが8200円(送料640円)
フィンジアが12800円(送料640円)

ですが、定期コースで比較すると両者の値段の差は若干縮まり、フィンジアの方が3000円程度高くなります。

定期コース価格
プランテルが送料無料6980円
フィンジアが送料無料9980円
※どちらも解約に関する縛りはなく1回で辞められる

正直、自分自身は安月給なので、月々3000円の差は痛いが、このくらいであれば、より抜け毛への効果が期待できるフィンジアの方を使いたいと思ってしまったのも事実です。

その辺は、個人の収入やお財布の状況によって変わってくるので、なんとも言えないところではありますが。

ですが、取り返しがつかなくなる前に育毛剤でなんとかするのであれば、わずかな価格差よりもM字ハゲへの効果で選ぶべきだとも思います。

そのため、抜け毛への効果を考慮しながら、併用等は考えずに自分の無理のない範囲で使うことができる育毛剤を選びましょう。

 

フィンジアもプランテルも痒みやかぶれが起きない安全な育毛剤

育毛剤を抜け毛対策するにあたって、やはり痒みやかぶれなどの副作用が起きる商品は嫌ですよね。

フィンジアと薬用プランテルは、どちらもクリニックで処方されるAGA治療薬やリアップに配合されている医薬成分ミノキシジルのような頭皮にかぶれや痒みなどを起こす原因となるような刺激のある成分は配合されていません。

僕自身の使用体験談でも、ネット上の口コミや評判でもどちらも危険な副作用の報告はありませんでした。

敏感肌でフケや痒みで悩んでいるっていう人も、おそらくどっちを使っても頭皮トラブルが悪化するようなことはないでしょう。

また、フィンジアとプランテルにはどちらも頭皮のフケや痒みを抑えるような、保湿成分や殺菌成分などの頭皮環境を整える成分も配合されています。

つまり、敏感肌ですでに頭皮トラブルが起こっている人は、フィンジアとプランテルを使うことで改善させることができます。

フィンジアとプランテルのどちらの製品も、使ってみて万が一頭皮トラブルが起こった場合は、一定の期間内であればお金を返してもらえる全額返金保証のキャンペーンもついているので失敗のリスクなく使えます。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

浸透力を比較するとプランテルよりもフィンジアが優れている

プランテルとフィンジアの頭皮の毛穴への浸透力を比較すると、フィンジアの方が浸透力を高めるような技術が取り入れられ、その分育毛剤の効果も期待できることがわかりました。

育毛剤の成分がいくらいいからといって、毛穴の奥まで浸透しなければまったく意味をなしません。

その点、フィンジアには唐辛子に含まれる辛み成分カプサイシンによって毛穴を開き、毛根への浸透力を高めるSPEテクノロジーが利用されています。

一方、プランテルは、公式販売ページをくまなく見ても頭皮の毛穴への浸透力を高めるような技術が応用されていないようです。

配合されている育毛成分もプランテルよりもフィンジアの方が質が高く優れていますが、頭皮への浸透力もフィンジアの方が高いので、髪の毛への効果に圧倒的な差がつくわけです。

抜け毛防止や今ある髪の毛の成長という観点に重点を置いている人は、確実にフィンジアを使う方がいいでしょう。

 

フィンジアとプランテルはどちらも使用感が良い

フィンジアとプランテルは、両者とも使用感は良いです。

管理人の僕自身どちらも使ったことがありますが、頭皮に直接付着させないスプレータイプでプッシュ回数も決まっているため、使い方も迷わず、浸透しやすいだけでなく清潔に保てます。

また、スプレータイプは一回のプッシュで毎回決まった量が噴射されるため、毎日決まった分量の育毛剤を使うことができるので便利です。

この点も、フィンジアとプランテルの使いやすさに大差はなく引き分けという結果になりました。

次に、フィンジアとプランテルの内容量は、プランテルの方が圧倒的に多く一度に使える分量も多くなります。

つまり、一回の使用で抜け毛が気になる部分にたっぷり使えるのはプランテルです。

ですが、フィンジアはそのぶん毛根への浸透力をあげる工夫もしてあるので、プランテルよりも効果が落ちるということはないはずです。

内容量や一回に使える分量で選ぶのではなく、あくまで育毛剤自体の質で選ぶべきでしょう。

最後に、フィンジアとプランテルはどちらも無臭で育毛剤をつけていることがバレるようなにおいはありません。

そのため、通勤時の電車内や会社内で他人に臭わないかと心配している人は、フィンジアもプランテルもどちらも心配いりません。

このことから、プランテルとフィンジアの使用感や使いやすさはどちらも差はないということがわかりました。

どちらも、無香料で匂いがないため、出勤前につけても電車内や会社で匂いでバレることもありません。

また、べたつきもないため出勤前にプランテルとフィンジアを頭皮につけることで、毛髪に付着しパリパリになって髪型が変になるという心配もないです。

その点、使用感と使い勝手という観点でフィンジアとプランテルを比較検証すると両者とも大差はなくどちらも育毛対策にオススメできるでしょう。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

全額返金保証期間で比較!プランテルもフィンジアも同じ

最近の市販の育毛剤には、商品を使用してみて万が一気に入らなかった場合、メーカーが指定した期間内であれば、全額購入代金を返金してもらえる保証制度があります。

つまり、全額返金保証の期間が長ければ長いほど、購入者がじっくり試してから判断できることになり親切だと言えます。

フィンジアとプランテルの返金保証期間を比較すると、どちらも30日以内となってます。

それもそのはずで、実はプランテルとフィンジアは販売メーカーが同じ株式会社ユーピーエスなんです。

そのため、返金保証の期間だけでなく手続き等、フィンジアとプランテルのどちらもほとんど同じだと思っていいでしょう。

フィンジアとプランテルの返金保証制度に大差はないことがわかりました。

 

定期解約までの縛りで比較!フィンジアとプランテルも一回で解約可

市販の育毛剤は、1ヶ月に一本商品が届く定期コースだと通常購入よりも価格が安くなりお得に使えます。

ですが、市販の育毛剤の中には、定期コースで価格が安くなる代わりに、6回分継続しないと解約できないなどの縛りや条件があったりする商品もあるわけです。

フィンジアとプランテルの定期コースも、通常よりも安い価格で購入できるですが、どちらも解約のための購入回数の縛りはありません。

そのため、フィンジアとプランテルどちらも差がないので、購入は絶対にお得な定期コースで注文しましょう。

プランテルよりもおすすめのフィンジアを使うべき理由やメリット、デメリットについては以下の記事をご覧ください。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.