未分類

フィンジアはなぜM字ハゲに効果があるのか!誰でもわかるように解説

投稿日:

おでこの生え際が後退していくM字ハゲ。

中年期に限らず、若年層から気にし始めている人も多いのではないでしょうか?

このページでは、おでこの生え際がなぜハゲていくのかを伝え、そのうえでM字ハゲ改善にフィンジアが選ばれる理由について詳しくお伝えしていきます。

M字ハゲの原因と、フィンジアに配合されているm字ハゲに効果がある成分がわかります。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

M字ハゲ改善にフィンジアが選ばれる理由と効果がある成分の検証

おでこの生え際が後退していく原因には、「DHT」が大きく関係しています。

DHTとは男性ホルモンの一種で、「ジヒドロテストステロン」のことです。

男性はもちろん女性にも少量は分泌されているホルモンです。

とても薄毛と関係の深いホルモンで、「男性ホルモン(TH)」と「5αリダクターゼⅡ型」がくっついて作られたものになります。

特にこの厄介な「5αリダクターゼⅡ型」が多く存在する場所の一つが、おでこなのです。

DHTの影響をどの程度毛根に受けるかは、残念ながら遺伝によってある程度決まってしまいます。

したがって親や祖父母の代に頭髪が薄い人がいる場合は、気になり始める前の早めの段階から、M字ハゲの対策を行うことが重要になってきます。

フィンジアには、このDHTを抑制するための成分が配合されています。

フィンジアに配合されている「キャピキシル」という成分が、5αリダクターゼを阻害する働きを持っています。

キャピキシルが、5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成量を減らしてくれているのです。

またキャピキシルには、「アセチルテトラペプチドー3」という成長因子も含まれていて、毛髪の成長を促す効果も期待されています。

キャピキシルの成分の働きと副作用に関して、もっと詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

育毛業界激震のスカルプ成分キャピキシルのすべて!画期的な効果とは

まだ20代後半なのに最近抜け毛が増え始め、気が付いたらM字ハゲが進行していた。 ネットで調べると、抜け毛に効果があると言われているキャピキシルという成分をよく見かけて気になっていた。 そんな人に、いま ...

続きを見る

さらにフィンジアには、「ヒオウギエキス」が含まれています。

ヒオウギエキスにはイソフラボンが豊富に含まれていて、このイソフラボンもDHTの生成を抑制する効果で知られています。

M字ハゲなどのAGA(男性型脱毛症)が原因となっている薄毛には、頭皮の血行を改善することもとても重要です。

フィンジアに含まれているヒオウギエキスやセンブリエキス、びわ葉エキスには、イソフラボンの一種である成分が含まれていて、頭皮の血行不良にも大きな効果をもたらします。

そもそも額の部分は大きな血管が少ない場所で、血流が悪くなりやすい箇所です。

頭皮マッサージなどで血流を良くすることが、薄毛対策で行われているのもこのためです。

フィンジアは成分を頭皮に浸透させることで、内側から血流の活性化を促してくれるのです。

以上のように、フィンジアに含まれる様々な成分に、薄毛の悩みを改善させる働きがあることをお話してきました。

難しい専門用語ばかりが並んで、すんなり頭に入っていかないかもしれません・・・。

簡単に要約すると、脱毛の原因がDHTという男性ホルモンが大きく影響していることと、頭皮の血流不足が関係しているという2点が大切なポイントです。

その上でフィンジアに含まれる成分が、頭皮の血行不良を改善し、脱毛を阻止する効果と毛根を再生させる効果があるということを理解していただければ、フィンジアがM字ハゲで悩む多くの人に支持されている理由をお分かりいただけると思います。

しかしこれらの成分をもってしても、フィンジアが十分に頭皮に浸透しない事には意味がありません。

どんなに良い化粧水でも、毛穴がしっかり閉じている状態で使っても意味がないのと同じです。

その点フィンジアには「カプサイシン」が含まれていて、頭皮を柔軟化して育毛成分を浸透させる効果を担っています。

特におでこなどM字ハゲが進んでいる部分の頭皮は、固くなってしまっていることが特徴です。

フィンジアに含まれる成分が頭皮の毛穴を開き、成分を内側深くまで浸み渡らせる働きがあるため、より相乗効果を期待することができます。

ネットの口コミなどでも、実際にフィンジアを使用したユーザーからの良い評判が多く挙げられています。

もちろん体質に個人差があるように、使用感や効果にも差は生じます。

しかし薄毛の原因となる物質やメカニズムに対する知識があれば、より早い段階での使用を検討することもでき、その分薄毛の進行を抑える効果も上がるのではないでしょうか。

フィンジアに含まれている成分のほとんどは、天然由来のものを使われているので、その点においても安心して手にすることができると思います。

何度も言いますが、薄毛対策に年齢は関係ありません。

早めの研究と対策で、M字の角度を緩やかに抑えていけるかどうかは、あなた次第です。

 

フィンジアのすごさ!DHTに働きかける成分の効果

「AGA」という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。

CMでも話題になっている「男性型脱毛症」のことで、今では専門外来も増えてきています。

薄毛を遺伝による宿命だと諦めずに、治療してきちんと向き合うことが当たり前になってきました。

そもそも男性が薄毛となる原因は、ホルモンバランスが大きく関係してきます。

より専門用語を交えて説明すると、善玉男性ホルモンと言われている「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という物質と結合することで、悪玉男性ホルモンに変換されてしまうのです。

この悪玉男性ホルモンが「DHT」と呼ばれているものです。

DHTが毛根を攻撃することで、抜け毛が増えてしまったり育毛を阻害してしまうのです。

特に生え際部分は、DHTの影響を受けやすい部位になっていて、生涯にわたってどの程度DHTの影響を受けるかには、体質により個人差があります。

フィンジアに配合されている「キャピキシル」という成分が、DHTを抑制する作用があることで注目されています。

キャピキシルの構成成分である、アカツメクサ花のエキスから採られた「ビオカニンA」が、5αリダクターゼを阻害する働きを持っているためです。

さらにイソフラボンを豊富に含む「ヒオウギエキス」も配合されており、キャピキシルの成長因子との相乗効果で、DHTの生成量を抑制する効果があるのです。

 

フィンジアのすごさ!血流改善を促す成分の効果

男性ホルモンの活発な影響により、頭髪が薄くなる箇所は人によって様々です。

いわゆるM字ハゲなどのように生え際の後退が気になる人もいれば、つむじなどの頭頂部から薄毛が進行していく人もいます。

薄毛の人に共通して言われることは、頭皮がとても固くなりやすいことです。

特に額の部分は大きな血管が少なく、血流が悪くなりやすい箇所です。

そのため頭頂部よりも、生え際の方が血行の問題が起こりやすく回復が難しいとされています。

フィンジアには「ビワ葉エキス」や「センブリエキス」などが配合されていて、頭皮の血流改善に効果があると言われています。

さらにフィンジアに含まれる「カプサイシン」の働きで閉じた毛穴を開き、フィンジアの有効成分を頭皮の奥深くまで浸透しやすくするという効果も期待されています。

頭皮マッサージなど外側からの刺激で育毛を刺激することも大切ですが、フィンジアのように頭皮の内側から本来の血流を促し、毛根を刺激する方法はとても画期的でしょう。

以上のようなフィンジアの最新の育毛成分の効果を利用して、薄毛の原因を医学的見地から理解し、早い段階から自己投資していくことが、将来に大きな差をもたらす鍵になっていきます!

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

28歳で若ハゲを食い止めた僕がフィンジアを一番おすすめする理由を下にまとめました。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.