未分類

フィンジアの全成分を徹底分析!効果と副作用のすべて

投稿日:

フィンジアの成分の中には危険な成分はないのか?

フィンジアに配合されている全成分の隅々まで残らずどんな効果があるのかが知りたい。

そんな人のために、この記事でフィンジアの全成分と効果を徹底解説します。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

フィンジアの全成分

まず、フィンジアに配合されている全成分を下に紹介しておきます。

自分のお目当ての成分はしっかりとフィンジアに配合されているのか。

または、配合されていてほしくない成分は、フィンジアに配合されているのか、上の全成分から確認してみてください。

エタノール、水、BG、ピロリジニルジアミノピリミジノキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルリチン酸2K、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒオウギエキス、キハダ樹皮エキス、メントール、グリセリン、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG-40水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール

フィンジアの全成分は25種類です。

フィンジアの全配合成分数は、市販の育毛剤やスカルプエッセンスの中では多すぎることもなければ、少なすぎることもなく平均的だと言えるでしょう。

ですが、配合成分数が平均的イコール効果が弱いというわけではないので注意です。

問題は配合されている成分の質です。

フィンジアには、ピディオキシジル、キャピキシル、カプサイシンの3つの目玉成分が配合されています。

この3つを1つの商品に配合している育毛剤は、他にありません。

この3つの成分を配合するのは、育毛的にかなり理にかなっていて、成分数がスバ抜けているわけではないフィンジアのハンデを見事にカバーしています。

ピディオキシジルは、髪に栄養を与え強くする血行促進、毛根から髪を成長させる毛母細胞活性化効果があります。

キャピキシルには、M字ハゲとつむじハゲを引き起こす男性ホルモン抑制効果があるため、生え際と頭頂部の抜け毛を抑えることができます。

カプサイシンは、発汗作用から頭皮の毛穴を広げ、浸透力を高めることができます。

そのため、上に配合されている育毛に効果的な25種類の成分の毛根への浸透力を飛躍的に高めてくれるというわけ。

これから、フィンジアの全成分をさらに頭皮と髪の毛に与える効果毎に分け、紹介していきます。

 

フィンジアの全成分を効果毎に分けてみた

フィンジアに配合されている全成分はどんな効果があるのか、わかりやすいように効果毎にまとめてみました。

これを見れば、フィンジアがどんな効果や働きに力を入れたスカルプエッセンスなのかがわかります。

 

フィンジアの毛母細胞活性化効果のある成分

フィンジアには、毛細胞活性化効果のある成分が配合されています。

毛母細胞活性化効果は、毛根にある髪を上へと成長させる働きのある毛母細胞の活動を活性化させる働きがあります。

育毛剤には絶対になくてはならない働きで、超重要です。

薄毛の人の毛母細胞は、だいたいが活動が鈍くなっていることが多いです。

そのため、育毛剤で毛母細胞の働きを活性化させることで、細く抜けやすくなった毛髪を成長させていくことができるというわけです。

フィンジアには、超注目の成分ピディオキシジルとキャピキシルが配合されているため、毛母細胞活性化効果はばっちりです。

 

フィンジアに配合されている毛母細胞活性化効果のある成分

ピディオキシジル(ピロリジニルジアミノピリミジノキシド)、キャピキシル(アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス)

 

フィンジアの頭皮の血行促進効果のある成分

薄毛の人は、頭皮の血行が悪くなっている人が多いです。

髪の毛は、血液を栄養にして成長するため、育毛剤で血行を促進することは、髪の毛に栄養を与えることになります。

頭皮の血行促進効果は、髪の毛を太く強く成長させる超大事な効果です。

その点、フィンジアは頭皮の血行を促進する働きのある成分がしっかりと配合されているため合格点です。

センブリエキス、ピディオキシジル、ビワ葉エキス、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボタイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、メントール

 

フィンジアの男性ホルモン抑制効果のある成分

おでこの生え際のМ字部分とつむじ部分の髪の毛が薄くなっている人は、男性型脱毛症(AGA)と言われる薄毛の症状です。

生え際とおでこには、男性ホルモンをキャッチするレセプター(受容体)があります。

生え際とつむじの毛根に男性ホルモンが結び付くことで、男性ホルモンが毛根を攻撃します。

髪の毛の栄養である血液が毛根に流れるのを遮断してしまうんです。

栄養が遮断された毛髪は、細く弱くなっていき抜けやすくなってきてしまうというわけです。

そこで、育毛剤で生え際とつむじの男性ホルモンを抑えてが得ることで抜け毛が収まり、毛根に栄養がいきわたるため、髪の成長が促進されるという仕組みです。

M字とつむじがハゲてきている人は、男性ホルモン抑制効果のある成分が配合されているかどうかは、一番大事だともいえる重要な働きです。

フィンジアの男性ホルモン抑制効果のある成分はかなり多い方です。

フィンジアは、M字ハゲ、つむじハゲの人でもばっちり期待できます。

キャピキシル、ビワ葉エキス、ヒオウギエキス

 

フィンジアの頭皮環境改善効果のある成分

フケやかゆみが頭皮にあると、抜け毛が多くなり、髪が太く成長しづらくなります。

血液がうまくいきわたりにくくなるためです。

まず、頭皮の環境を改善して、抜けにくくしてから、血行促進効果によって髪を抜けにくく強くしていかなければいけないですね。

なので、頭皮の環境改善効果は、フケやかゆみがある人は絶対必要な育毛剤の効果になります。

フィンジアは、頭皮環境改善効果のある成分が多いです。

フケ、かゆみに悩んでいる人、フケやかゆみが発生してから抜け毛が増えたと感じる人にはオススメです。

パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ボタンエキス、フユボタイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、キハダ樹皮エキス、グリセリン

 

フィンジアの直接育毛への働きがない成分

育毛剤は、だいたい洗面所なんかで常温で保管しますよね。

普通に考えてそのまま洗面所に置いたままにすると腐ります。

そのため、育毛剤には必ず品質保持のための殺菌効果のある成分を加える必要があるわけなんですね。

また、フィンジアには25種類も育毛成分が配合されています。

この25種類は、それぞれいろんな素材が混じっているため、きれいに混ざりません。

フィンジアのすべての成分をきれいに混ぜ合わせるために、乳化剤と呼ばれる混ぜ合わせる成分を配合します。

これらの育毛への効果がない成分は、育毛剤を安全に使うためには絶対に必要です。

ですが、中には育毛剤が腐らないようにするために、頭皮に刺激のある成分を配合している商品もあるんです。

その点、フィンジアの成分を見てみるととくに頭皮の危険になるような成分はありませんでした。

敏感肌の人でも安心して利用できるでしょう。

エタノール、水、BG、メントール、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG-40水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール

 

フィンジアの目玉成分

フィンジアの目玉成分は、キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシンの3つです。

フィンジアのメインの成分についてよく知らなかって人のために、ここで簡単に紹介しますね。

ピディオキシジル

ピディオキシジルは最近開発された注目の成分です。

分子構造がミノキシジルに似ていると話題になりました。

ミノキシジルは臨床試験を重ね、発毛効果があるとみとめられた医薬品です。

一方、ピディオキシジルは、診療試験は行われていないため、医薬品ではなく化粧品という扱いになっています。

ですが、開発メーカーは開発の段階でピディオキシジルの効果自体を見出しているんです。

メーカーによると、ピディオキシジルによってマウスの体毛の成長を観測できたとのこと。

かなり期待できるのも事実でしょう。

ピディオキシジルには血行促進作用があります。

髪のボリュームが減って、抜け毛が多くなった人にはオススメです。

フィンジアのピディオキシジルについての詳しい効果の解説や、副作用については以下の記事をご覧ください。

ピディオキシジルで抜け毛ゼロ!?効果と副作用をわかりやすく解説

最近、話題の育毛成分ピディオキシジルが気になるって人も多いでしょう。 ピディオキシジルは、M字部分が後退し前髪がスカスカになってしまったような人に、効果を発揮する成分です。 この記事では、ピディオキシ ...

続きを見る

キャピキシル

キャピキシルは、カナダのルーカスメイヤーコスメティック社が開発した成分です。

アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキスを組み合わせて作っています。

キャピキシルがここまで注目される理由としては、M字ハゲとつむじハゲを引き起こす原因でもある男性ホルモンを発生させる5αリダクターゼを抑えてくれるからです。

また、近年、再生医療としても利用されている細胞修復作用まで備えています。

そのため、M字ハゲとつむじハゲの抜け毛を抑えながら、毛母細胞を活性化させてくれるので、M字ハゲとつむじハゲの人には高い効果が期待できます。

キャピキシルの詳しい効果と副作用について、もっと知りたい人は下の記事を読んでみてください。

育毛業界激震のスカルプ成分キャピキシルのすべて!画期的な効果とは

まだ20代後半なのに最近抜け毛が増え始め、気が付いたらM字ハゲが進行していた。 ネットで調べると、抜け毛に効果があると言われているキャピキシルという成分をよく見かけて気になっていた。 そんな人に、いま ...

続きを見る

カプサイシン

フィンジアに含まれるカプサイシンは、トウガラシに含まれる辛みの成分です。

カプサイシンには発汗作用があり、血行促進効果をもたらします。

さらに見逃せない効果が、発汗作用によって起こる頭皮の毛穴が開くこと。

頭皮の毛穴が開くことによって、フィンジアの成分がより浸透しやすくなるわけです。

つまり、注目成分キャピキシルやピディオキシジルの浸透力を高めより高い効果を引き出しやすくしてくれるんです。

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.