未分類

フィンジアの効果を高める最強の正しい使い方を網羅した完全版

投稿日:

フィンジアを購入してみたが、正しい使い方に関して以下のように悩んでいる人は多いと思います。

・使い方がわからず全体的につけてしまうため、すぐに育毛剤がなくなってしまう。
・使い方が正しく書かれた説明書が入っていないのでわからない。
・抜け毛が気になっていたのですぐに購入したものの使い方がわからず、早く使いたいのにわからずに困っている。
・フィンジアを使ったが抜け毛に効果がなく、自分の使い方が悪くて効果が出ないだけならもう少し使おうか迷っている。

この記事では、フィンジアを購入したが正しい使い方がわからない人のために、抜け毛に効果が出やすくなる使い方を紹介します。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

フィンジアを使うときの流れ

まず初めに、フィンジアを使うときの正しい流れを簡単に説明します。

1、お風呂の前にブラッシングで髪の汚れを落とす

2、お風呂でシャンプーを使い髪の毛と頭皮を洗う

3、お風呂から出てタオルドライをしてからドライヤーをかけ8割程度乾かす

4、フィンジアを付ける

5、フィンジアを付けた部分をなじませるのと血行促進のために頭皮マッサージ

6、出勤等で髪を乾かす必要があればドライヤーの冷風で軽く乾かす

基本的に、育毛剤を付けるのに一番大事な夜の場合は、上のような流れでフィンジアを使ってください。

これから、さらにフィンジアを使う上での注意点について説明していきます。

 

フィンジアを塗布する部分

フィンジアの正しい塗り方がわからずに使ってしまうとどうしても頭皮全体につけてしまうため、すぐに育毛剤がなくなってしまいますよね。

そのため、基本的には薄毛が気になる部分のみに5~10プッシュつけるだけで問題ありません。

薄くなっている部分とその周辺になじませるように頭皮マッサージを行い、血行を促進しながらフィンジアの育毛液を馴染ませていきます。

フィンジアの場合は、スプレータイプの育毛剤なので、M字ハゲが気になっている人であれば、M字部分の髪をかき分けて2、3プッシュしてから一度フィンジアを置き周囲になじませます。

これを繰り返し、薄毛に悩む部分全体に塗布することができたら、両手で頭皮をやさしくマッサージしていきます。

M字部分の後退に悩んでいる人は、M字部分を中心に。

つむじ部分の薄毛に悩んでいる人は、つむじ部分を中心に。

つむじとM字ハゲのどっちもハゲてきた人は、M字部分と頭頂部を両方、塗り込みましょう。

また、育毛剤を付けるときにやりがちなのが、フィンジアを頭皮に塗った後に指でゴシゴシとこすることです。

ゴシゴシとこすると成長しかけの細い髪の毛が抜けてしまったり、頭皮を傷つけそこから炎症が発生する場合もあるので注意してください。

育毛剤を塗った後は、指の腹で優しく頭皮をマッサージしていきましょう。

 

フィンジアを使うタイミング

基本的には1日1回の夜のお風呂上りのタイミングがベスト。

フィンジアは内容量が少なく、1回に使う量も5~10プッシュと限られているため、1日2回も使用していると1ヶ月持たなくなってしまいます。

そのため、よっぽど薄毛が気になる範囲が狭くて、フィンジアの使用量が少なくて済む人以外は、1日1回で夜に使用しましょう。

夜のお風呂に入ったタイミングでシャンプーで頭皮を清潔にしてからフィンジアを塗布します。

お風呂から出て頭皮と髪の毛を8割程度、ドライヤーで乾かしてからすぐに使いましょう。

ドライヤーで頭皮と髪を乾かしすぎると、頭皮や髪の水分が奪われ乾燥し、頭皮と髪のとって悪影響となる可能性もあるので注意してください。

夜の就寝直前に育毛剤を使うと、育毛剤で濡れた髪と頭皮が寝るときに枕に当たり冷たいですよね。

その場合は、ドライヤーの冷風で髪をゆっくり乾かしてください。

汗って熱風で乾かすと熱で育毛成分が含まれた液体が蒸発し、抜け毛への効果が薄くなってしまいます。

 

フィンジアを一度に使う量

・使い方に書いてある1回2ミリリットルが具体的にどのくらいの量かわからない。

・育毛剤の量が少ないと効果がなさそうだし、多いと逆に頭皮に悪そうだし。

・ハゲの範囲が広い人や狭い人といるはずですがそれでも一回1mLなのか?

メーカー推奨使用料は1回5~10プッシュ

薄くなっている部分が少ないのであれば1回5回。

M字ハゲとつむじハゲのどちらもなど範囲が広ければ1回で10プッシュ。

 

フィンジア1本でどのくらいの期間持つのか

フィンジアは販売メーカーの株式会社ユーピーエスによると1本で1ヶ月分との記載があります。

1本50ml

1回5~10プッシュ

1ヶ月で150プッシュ~300プッシュ使うことに。

1回に使う量はたったの0.3ml~0.16ml。

かなり少ない。

目薬1滴が約0.03ml。

目薬10滴分の使用量を薄毛が気になる部分にまんべんなく使用しなければならない。

少し難しいと考えるかもしれませんが、フィンジアは効果が高く浸透しやすく作られている。

そのため、自分の薄毛が気になる部分に少しずつ塗り込み、周囲になじませながら使っていくようにしましょう。

1日の容量をオーバーするとすぐになくなってしまうので注意。

 

フィンジアの付けた頭皮マッサージのやり方(頭皮マッサージのツボ)

夜のお風呂上りに1回分のフィンジアを抜け毛と薄毛が気になる部分に塗布した後に大事なのが頭皮マッサージ。

頭皮マッサージの効果は、フィンジアの育毛液を毛穴の奥まで浸透させる働きと、マッサージによる頭皮の血行促進効果によって相乗効果を得る2つです。

実際に疲れた状態の足や腕を、やさしく揉むと足や腕が少しずつ暖かくなっていった経験が誰にもあるかと思います。

頭皮も優しく頭皮マッサージをすることでゆっくりと血行を促進できるわけです。

その際に大事なのが、正しい頭皮マッサージの仕方。

頭皮マッサージをする際は、バスケットボールを両手でつかむときのように爪を立てずに優しく触れます。

力を入れずに指の腹で押していきます。

その際に頭皮のツボを適度に押すと、血行促進効果が増します。

抑えておきたいのが百会のツボと角孫、天柱の3つ。

百会のツボは、頭のてっぺんにある。

両耳の穴どうしを頭に沿って一本の線で結び、眉間の間から後頭部に向かって1本の線を引き交わった部分が百会のツボになります。

百会のツボを押すことで、血行促進効果があり抜け毛の予防につながります。

角孫のツボは、自分の耳が頭に触れているちょうどてっぺん部分のくぼんでいる箇所。

抜け毛予防効果があると言われている。

最後の天柱のツボは、首のコリを解消するツボです。

天柱(てんちゅう)はうなじの真ん中部分から指を1本ずつ左右にずらした部分に位置します。

首のコリは血行不良によって起こるため、慢性化すると抜け毛にもつながるわけです。

フィンジアを頭皮につけて、頭皮マッサージで馴染ませたら最後に仕上げに頭皮マッサージで抜け毛を防ぎましょう。

 

ドライヤーの使い方

フィンジアを夜寝る前に塗布する際にお風呂でシャンプー後の清潔にした頭皮に塗布することで、浸透力が高まり、抜け毛を防ぐ作用が高まることはお伝えしました。

そこで、シャンプー後にタオルドライでしっかりと水分をふき取った後は、ドライヤーの熱風を使って乾かしてからフィンジアを使うことをおすすめします。

シャンプー後は髪の芯を守る表面にある鱗のようなキューティクルが開いた状態。

ドライヤーの熱風で乾かすことによって、開いてしまったキューティクルを閉じることができる。

熱風で髪の毛を傷める危険性もあるのではないかと心配になるかもしれませんが、髪に近づけさせずに距離を取っていれば痛むことはない。

さらに、熱風を当てすぎると髪の毛が熱を持つので、冷風と温風を交互にあてていきましょう。

また、フィンジアの使用後の濡れた髪の毛が気になる人もいるでしょう。

ですが、フィンジアの1回の使用量は多くはないので、他の育毛剤と違って髪がかなり濡れるほどにはならないはずです。

でも、出勤前や寝る前など育毛剤を塗布した後に髪が濡れた状態が気になる場合のみ、ドライヤーの冷風で乾かす。

その際に、頭皮の部分には冷風を当てずに、髪の毛のみを乾かすこと。

育毛液の蒸発を防ぎます。

 

フィンジアのシャンプーとサプリの使い方

シャンプーは1日1回夜のみ。

朝もシャワーを浴びている人は、シャンプーをしてしまうと頭皮の皮脂を取りすぎかえってバリア機能が低下するため1日夜の1回のみに抑えましょう。

フィンジアのシャンプー(普通のシャンプーでも可)を500円玉程度(約2プッシュ)ほど、手に取り手のひらで泡立てます。

泡立てたシャンプーを頭皮の後ろから馴染ませ、徐々に前頭部にもシャンプーを付けていきます。

爪を立てずに手のひらで優しくマッサージをするように頭皮中心に洗う。

すすぎは、熱すぎないお湯で十分と時間をかけて流します。

フィンジアサプリは、毎日髪の毛が成長しやすい夜に、水かぬるま湯で2粒飲む。

できるだけ夜更かしせずに深夜の1時までには就寝を心がけるとサプリの栄養の吸収率も上がります。

 

フィンジアの効果が弱くなるやってはいけない使い方

フィンジアの本来持つ抜け毛を防ぐ効果が弱くなってしまう間違った使い方が3つあります。

それが以下の3つの使い方です。

・つけすぎは意味ない。

・髪の毛にはフィンジアをつけても効果は得られない。

・フィンジアを毎日欠かさず使ってない

上の3つに当てはまった使い方をすると、フィンジアの抜け毛への効果を正しく引き出せません。

まずは、フィンジアは一回の使用で抜け毛や薄毛が気になるポイントに、5?10プッシュ吹きかけて使います。

一度にこれ以上使ったからといって、抜け毛が抑えられるかというと、そういうわけではないんです。

頭皮が育毛成分を吸収できる量は、ある程度決まっていて、使えば使うほど毛根に働きかけてくれるわけではないからです。

そのため、メーカー規定量以上付けることは意味がないと覚えておきましょう。

また、フィンジアの育毛液を頭皮ではなく髪の毛につけている人も間違った使い方です。

育毛剤は毛根に浸透しなければ、髪の毛と抜け毛に働きかけることができません。

髪の毛には一切つける必要はないので、頭皮のみにフィンジアを付けるようにしてください。

最後に、フィンジアの使い忘れがあり毎日欠かさず使えてない人。

育毛剤は毎日、使うことで少しづつ毛根に働きかけて髪の毛を強くしていきます。

よく言われるのが、育毛剤の効果が髪の毛全体に表れ始めるのは、3ヶ月から6ヶ月使った頃。

そのため、どんな育毛剤でも毎日使い続けないと意味がありません。

フィンジアは抜け毛を防ぐのに効果の高い育毛剤です。

髪の毛への効果が表れるのを信じて、正しい使い方を心がけましょう。

 

フィンジアを使っているのに効果がない場合

フィンジアを購入して、今現在使っているのになかなか思うような効果が実感できない人もいるはずです。

そんな時は、自分が下の3つに当てはまってないか確認してみてください。

・フィンジアの効果が表れ始める最低3か月から6か月間使用していない

・生活習慣が乱れている

・使い方が間違っている

フィンジアの効果が髪の毛一本一本に表れるのは、だいたい3ヶ月から6ヶ月はかかります。

なぜなら、10万本と言われる髪の毛が常に生え変わることで、入れ替わってる状態で、髪の毛全体にフィンジアを作用させるには半年はかかるということです。

また、いくら抜け毛を抑える効果の高いフィンジアを使ったからといって、髪の毛に良くない生活習慣を続けていては、自分の思うような結果ぎ得られないのも無理はないでしょう。

食事、睡眠、運動など、体にとって健康的な生活を送ることが髪の毛にとっても良いことなんです。

この3つに当てはまっていると、いくら抜け毛を防ぐ効果の高いフィンジアを使っても、一向にいい結果が得られないでしょう。

しっかりと、フィンジアの正しい使い方をマスターし、3ヶ月から半年間はじっくり使ってみてください。

きっと、僕のように抜け毛が減り額の生え際部分の髪が強くなることを実感できるでしょう。

僕がどうして長い間フィンジアを使い続けるのか、育毛剤の中で一番だと思う理由は下の記事にまとめてます。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.