未分類

ピディオキシジルで抜け毛ゼロ!?効果と副作用をわかりやすく解説

投稿日:

最近、話題の育毛成分ピディオキシジルが気になるって人も多いでしょう。

ピディオキシジルは、M字部分が後退し前髪がスカスカになってしまったような人に、効果を発揮する成分です。

この記事では、ピディオキシジルの抜け毛への効果と副作用のなさ、ピディオキシジルが配合されている商品でオススメ育毛剤がわかります。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

ピディオキシジルには本当に効果があるのか

ピディオキシジルは、海外のKumarOrganic社が開発した成分で、まつげ美容液として使われていたが、効果の高さから育毛剤にも使用されるようになりました。

※KumarOrganic社のホームページ画像より

ピディオキシジルには2つの効果があります。

1つがミノキシジルのような血管拡張作用による血行促進効果。

コシがあって太く抜けにくい髪を作るには、髪の毛にしっかりと血液を送ってあげることが大事。

ピディオキシジルは、毛根に血液を送ることで、髪を太くコシを出してくれるようになるんです。

2つ目が、毛母細胞活性化効果。

髪の毛は毛根にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことによって上へと伸びていくわけですが、薄毛の人はもれなく毛母細胞の働きが弱まっています。

ピディオキシジルには、髪の毛を上に成長させる毛母細胞の働きを活性化させる成長因子が含まれているんです。

髪を成長させる活動が弱くなった毛母細胞を活性化させる働きがあるんですね。

ピディオキシジルは、髪の毛に栄養を与え、髪の毛を作る工場の毛母細胞を活性化させるため攻めの発毛促進効果が得られるんです。

これによって、ピディオキシジルがm字ハゲを始め全体的に髪の毛が細くなり弱くなった人の髪の毛に良い影響を与えることができるでしょう。

ですが、ピディオキシジルだけでは、m字部分とつむじ部分の抜け毛は防げないことも事実。

なぜなら、m字部分とつむじ部分には、髪の毛を脱毛させる男性ホルモンが存在するため、いくら発毛促進を行なっても男性ホルモンによって髪の毛が最後まで成長せずに抜けてしまうからです。

そこで育毛剤には、必ず男性ホルモンを抑える働きのある成分とセットにして配合することで、抜け毛を防ぎながら、髪の毛を太く成長させていくわけなんです。

 

現在ピディオキシジルが配合されている育毛剤はたったの2つ


現在、ピディオキシジルが配合されているのは、ボストンスカルプエッセンスとフィンジアだけなんです。

このうち以下の記事でも、どっちの育毛剤の方がいいのか詳しく比較しましたが、ピディオキシジル配合の育毛剤を買うのであれば間違いなくフィンジアを買うべきです。

なぜなら、ボストンスカルプエッセンスがピディオキシジルの含有量が1.5%に対して、フィンジアには2%も配合されているから。

さらに、上で紹介したようにm字ハゲとつむじハゲの原因でもある男性ホルモン(5αリダクターゼ)を抑える成分がフィンジアの方が多く配合されているから。

フィンジアには男性ホルモンを抑制する成分が3種類配合されていますが、ボストンスカルプエッセンスにはたったの1種類しか配合されていません。

いくらピディオキシジルが有効な成分だとしてもこれでは心細すぎます。

そのため、m字ハゲとつむじハゲのaga(男性型脱毛症)に悩んでいる人は必ずフィンジアを使うようにしましょう。

ボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方を使うべき理由を、もっと詳しく知りたい人は以下の記事を読んでみてください。

M字ハゲにはボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアがオススメ

今話題の最新成分ピディオキシジルとキャピキシルが配合されている育毛剤といえばフィンジアです。 ですが、フィンジアと同じようにピディオキシジルとキャピキシルが配合されている育毛剤はフィンジア以外にもボス ...

続きを見る

 

ピディオキシジルはミノキシジルに似ている?

ピディオキシジルは、ミノキシジルに分子構造が似ていることからミノキシジル誘導体とも言われます。

上記の分子構造を見ればわかるが、1番下の五角形と六角形以外ミノキシジルとピディオキシジルは全部同じ。

海外でのマウスに対しての実験データもあり、ミノキシジルよりもピディオキシジルの方が高い数値を出しているのがわかります。

育毛に対して高い効果を持ちながら、ミノキシジルと違って副作用がほとんどないのがピディオキシジルの最大のメリットなんです。

 

ピディオキシジルは遺伝性のハゲにも効く

ピディオキシジルは遺伝性の薄毛にも効果がある。

ピディオキシジルには、弱った毛母細胞を活性化させ、髪に血液を送り太く強い髪を育ててくれるから。

ただし、遺伝性の薄毛の原因の1番は、男性ホルモンによる脱毛です。

m字部分とつむじ部分にのみ存在する男性ホルモン受容体と男性ホルモンが結びつくことで、脱毛します。

つまり、いくらピディオキシジルで髪の毛に栄養を送ることができても男性ホルモンを抑えない限り、m字ハゲとつむじハゲの進行は止まらないというわけです。

そのため、aga治療薬では男性ホルモンを抑え抜け毛を防ぐプロペシアと、髪に栄養を与えるミノキシジルを合わせて使いますよね。

育毛剤にも同じことが言えて、髪に栄養を与えるピディオキシジルだけではダメで、男性ホルモンを抑える成分が一緒に配合された商品を使う必要があるわけです。

ピディオキシジルが配合されている商品はボストンスカルプエッセンスとフィンジアのみですが、そのうち男性ホルモン抑制効果のある成分が多く配合されているのはフィンジアです。

ピディオキシジルが気になっていて、m字ハゲに悩んでいる人は、フィンジアを使いましょう。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

オヤジがつるっぱげの自分も23歳からハゲはじめ、現在28歳。

フィンジアでなんとかハゲの進行を食い止めてます。

そんな僕がフィンジアをすすめる理由は下のページをご覧ください。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

 

ピディオキシジルは女性にも効果あるのか

ピディオキシジルは女性の抜け毛にも効果があります。

女性は男性のように、額のM字部分やつむじ部分が薄毛になるのではなく、ストレスや生活習慣の悪化から頭皮の血行が悪くなり、頭部全体の髪の毛が薄くなってくびまん性脱毛症を発症します。

ピディオキシジルには、頭皮の血行を促進し、髪を作る毛母細胞を活性化させる働きがあるので、びまん性脱毛症にも効果を発揮します。

女性で20代なのに、仕事のストレスから頭皮全体の髪が薄くなってしまった人は、ピディオキシジル配合の育毛剤を使うのもいいでしょう。

 

ピディオキシジルの危険性と副作用

ピディオキシジルは、医薬成分のミノキシジルの副作用が高い短所を改良するために人工的に開発された成分です。

ミノキシジルと近い働きを持ちながらも、副作用をなくし、浸透力を高めたのがピディオキシジルです。

つまり、高い血行促進効果を持ちながら、ミノキシジルのように頭皮に強いかぶれや痒みなどの刺激を与えない安全な成分の開発に成功したわけです。

 

ピディオキシジルは肌が弱い人が使っても大丈夫なのか

ピディオキシジルの販売メーカーの実験によると、動物実験によって肌への刺激がないことが確認されています。

事実、ピディオキシジルが育毛剤に配合される前はスカルプdのまつげ美容液に配合されていて話題になった成分です。

つまり、目の付近の薄い皮膚やまつ毛に塗っても問題ない安全な成分だということも同時に言えるでしょう。

事実、僕自身ピディオキシジルが配合されたフィンジアを2年ほど使ってますが、頭皮への刺激を感じたことはまったくありません。

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.