未分類

フィンジアは化粧品だが下手な医薬部外品よりも抜け毛に期待できる理由

投稿日:

抜け毛が気になり、フィンジアを買おうと思っていたが、よくよく調べてみると人気の育毛剤はほとんど医薬部外品。

フィンジアは、医薬部外品ではなく化粧品なので、抜け毛に効果がないんじゃないかって心配になった人も多いでしょう。

ですが、フィンジアは医薬部外品ではなく化粧品だからといって、抜け毛を抑える効果が弱いというわけではありません。

むしろ、薬局なんかに売られている質の低い医薬部外品の育毛剤よりも、フィンジアの方がずっとおすすめできることもあります。

この記事では、なぜ化粧品のフィンジアが医薬部外品の育毛剤に引けを取らずに抜け毛に効果があると言えるのか、化粧品と医薬部外品の育毛剤の違いについてもフォーカスしながら解説していきます。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

フィンジアは医薬部外品ではなく化粧品だが抜け毛への効果が高い理由


ネットで人気の育毛剤はほとんどが医薬部外品なのに対して、フィンジアは化粧品だから購入をためらっている人もいるでしょう。

ですが、化粧品のフィンジアは医薬部外品じゃないから、抜け毛を抑える効果がないというわけではありません。

むしろ、フィンジアにはキャピキシルとピディオキシジルのように、抜け毛に効果の高い最新注目成分が2つも配合されているんです。

フィンジアは、薬局で販売されているようなそこら辺の安い化粧品や医薬部外品よりもずっと効果が高いでしょう。

では、なぜフィンジアは医薬部外品ではなく化粧品として販売されているのか。

それは、キャピキシルやピディオキシジルが厚生労働省に有効成分と認められていないため、医薬部外品を名乗れないという理由のためなんです。

もちろん、フィンジアにはネット通販で人気の医薬部外品育毛剤に配合されている代表的な有効成分、グリチルリチン酸2Kとセンブリエキスは配合されています。

医薬部外品として販売していながら有効成分がグリチルリチン酸2Kとセンブリエキスの2種類のみの育毛剤も多いことを考えると、フィンジアと医薬部外品の育毛剤において差はほとんどないと考えられます。

これらの有効成分2種類に加えて、フィンジアにはAGAの原因である男性ホルモンを抑えながら、毛根の細胞を活性化させ発毛促進を行うキャピキシルやピディオキシジルが配合されているんです。

医薬部外品として販売したいために、グリチルリチン酸2Kとセンブリエキスを配合し、加えて気休めのようないくつかの成分を配合しただけの安い育毛剤とは訳が違うんです。

もし、フィンジアが化粧品だからという理由以外に、自分の中でひっかかることがあるのであれば、フィンジアを購入すべきではないでしょう。

ですが、人気の育毛剤が医薬部外品ばかりなので、化粧品のフィンジアは効果がないだろうと心配している人は、そんなことはないので迷わずフィンジアを使ってみるべきです。

フィンジアは抜け毛を抑える効果が高いので、早く使えばその分だけ以前のようなヘアスタイルを取り戻せる期間が早まるでしょう。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

とはいえ、フィンジアを購入する前に医薬部外品と化粧品の違いについてもっと詳しく知りたいって人は、以下で医薬部外品と化粧品の違いを詳しく解説するのでご覧ください。

 

薬機法の医薬部外品と化粧品の育毛剤の違い


育毛剤には、医薬品と医薬部外品と化粧品の3つの区分で商品が販売されています。

これらの3つの区分には、薄毛への効果の違いと購入方法の違い、副作用の違いがあります。

医薬品の育毛剤の特徴

医薬品の育毛剤として販売されている代表的な商品がプロペシアやミノキシジルが配合されたリアップ、カルプロニウム塩化物が配合されたカロヤンガッシュの3つです。

飲む育毛剤と言われているプロペシアは、お医者さんの処方がなければ購入することができず、リアップやカロヤンガッシュは、薬剤師の説明を聞いた上で購入しなければいけない対面販売が義務付けられています。

薄毛への発毛効果が認められていて、医薬部外品と化粧品の育毛剤よりも薄毛への効果は高いです。

ですが、発毛への効果が高い分、副作用も強いので医薬部外品と化粧品の育毛剤のように気軽に使用することはできません。

何をやっても薄毛の進行が収まらない人や、明らかにハゲているとわかるくらい薄毛の症状が進行した人でない限り使わない方がいいでしょう。

発毛剤リアップとフィンジアを比較したときに、より抜け毛や薄毛に効果が期待できるのはフィンジアの方です。

なぜフィンジアの方がお勧めできるのか、比較した結果は以下の記事にまとめています。

M字ハゲにはリアップx5プラスよりもフィンジアを使うべき

この記事では、M字ハゲの進行が進み、髪型ではハゲを隠しずらくなった人は、リアップx5プラスとフィンジアのどっちの育毛剤を使うべきなのか、詳しく解説しました。 ちなみに僕自身、28歳M字ハゲでリアップで ...

続きを見る

医薬部外品の育毛剤の特徴

医薬部外品の育毛剤として人気があり代表的な商品は、チャップアップやイクオス、薬用プランテルなどがあります。

どの商品も、厚生労働省が症状に対して一定の効果があると認めた成分が、決められた濃度で配合されているため、医薬部外品として販売できることになっています。

よくドラッグストアなんかには薬用と書かれた商品もあり、医薬部外品なのか化粧品なのか判断に困ることもありますが、医薬部外品の商品に認められる表示方法なので、薬用と付いていたら医薬部外品だと考えて問題ありません。

その逆に、ドラッグストアなどで売っている商品で医薬部外品や薬用などの表記がなければすべて化粧品だと言えるというわけです。

医薬部外品の育毛剤の効果は、医薬品ほどの急激な変化は体にもたらさないものの、緩やかに働きかけるとされています。

特定の症状に対して、厚生労働省が一定の効果を認めた成分が配合されているため、ある程度の効果は期待できるでしょう。

医薬部外品の育毛剤は、医薬品のように副作用がないため、医師や薬剤師などの処方箋も必要なく気軽に誰でも購入することができます。

やはり、薄毛が進行し明らかにハゲている人は、多少の副作用を覚悟して医薬品の育毛剤を使うべきです。

ですが、抜け毛が気になってきたり、生え際が少し後退したような気がするくらいなら、効果も高く副作用のない医薬部外品の育毛剤の使用をおすすめするところです。(フィンジアは別)

化粧品の育毛剤の特徴

最後に化粧品の育毛剤で代表的な商品はフィンジアです。

正直言って、化粧品の育毛剤は値段が安くどれも値段なりといったものが多いのが本音です。

ですが、フィンジアは一番最初に書いたように化粧品という枠では収まらないクオリティを備えている育毛剤です。

そもそも、医薬部外品の育毛剤の多くが有効成分として配合しているセンブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウムを配合している時点で効果は大きく変わらないと言えるでしょう。

さらに、いま話題のキャピキシルとピディオキシジルまで配合されているのだから、下手したら医薬部外品の育毛剤の一部の商品よりも成分と質が高いと言えるものもあるくらいです。

本来であれば化粧品の育毛剤を買うなら確実に医薬部外品の商品を買うべきだと言いたいところです。

ですが、フィンジアとなると話しは別で、最近抜け毛が気になりだしてM字ハゲが気になりだしてきたって人は一度試してみてほしい商品です。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

28歳の僕自身がフィンジアを使って抜け毛を抑えることができました。

そんな僕がフィンジアを使うべき理由を下のページにてまとめました。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

フィンジアの良さがまだわからない人はぜひ読んでみてください。

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.