未分類

育毛業界激震のスカルプ成分キャピキシルのすべて!画期的な効果とは

投稿日:

まだ20代後半なのに最近抜け毛が増え始め、気が付いたらM字ハゲが進行していた。

ネットで調べると、抜け毛に効果があると言われているキャピキシルという成分をよく見かけて気になっていた。

そんな人に、いま話題の成分キャピキシルの抜け毛やM字ハゲへの効果と副作用、キャピキシルが配合された育毛剤で一番良い商品について解説します。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

キャピキシルには本当に効果があるのか

キャピキシルの育毛への効果は、開発メーカーによってデータとして公開されています。

何も実験データがない育毛成分が多い中で、実験データがあるということはキャピキシルの信ぴょう性を高める1つの目安となっています。

キャピキシルの開発メーカーのルーカスマイヤー社が、キャピキシルの成分によって効果測定をするために4か月間の試用試験をしたところ、使用者の髪の密度を46%増加させたとあります。

事実、キャピキシルの原料となるアカツメクサエキスには男性ホルモンを抑え抜け毛を防ぐ働きと、アセチルテトラペプチド-3には毛母細胞の活性化の効果が確認されています。

これだけの事実が揃えば、キャピキシルが少なくとも抜け毛に何らかの効果をもたらすことは間違いないでしょう。

 

キャピキシルがミノキシジルの3倍の効果があると言われている真実


キャピキシルの開発メーカーのカナダのルーカスマイヤー社のレポートによると、hair growth actibityがミノキシジルの3倍の数値を記録したとあります。

培養細胞とはいえ、キャピキシルで髪の成長の働きがミノキシジルの3倍を記録したことに間違いはありません。

実際にキャピキシルの血管拡張作用によって血行促進効果があるのは間違いなく、髪を作る毛母細胞の働きも活性化させることがわかっています。

育毛成分キャピキシルは海外化粧品メーカーが開発した成分なので、日本の検証データはありません。

しかし、キャピキシル開発メーカーによってしっかりとした実験データが公開されているのもキャピキシルがここまで育毛業界で注目されている理由でしょう。

AGA治療薬でもあるミノキシジルには、発毛効果も得られますが、頭皮の痒みやフケ、頭痛や低血圧が原因の目眩やむくみなど多くの副作用の恐れがあります。

自分のように20代後半で抜け毛が増え始めた人は、いきなりミノキシジルのような危険性の高い医薬成分を試すべきではないでしょう。

安全なキャピキシルを使うのがおすすめです。

キャピキシルなら、ミノキシジルと似た効果を得ながら、痒みやかぶれなどの副作用なく使い続けることができるからです。

 

キャピキシルは最近、よく聞くが今までの育毛剤とどう違うのか

育毛成分キャピキシルは、カナダの化粧品会社のルーカスマイヤーが2011年に作った最新成分。

日本で、キャピキシル入りの育毛剤が販売され始めたのは2014年から。

海外で世界的に有名な化粧品の原料のコンテストでもあるインコスメティックスで賞をとった。

この受賞によるインパクトに加えて、販売メーカーのルーカスマイヤー社が公開した実験データによると、ミノキシジルの3倍のhair growth actibityの数値が見られたとあります。

事実、キャピキシル使用者の実験では46%の密度の増加も見られたといいます。

そのデータを裏付けるように、キャピキシルには1つの成分でミノキシジルのような血行促進作用と、髪の成長を促す毛母細胞の活性化の2つの効果が得られるんです。

これが、最近インターネット上でやたらとキャピキシルが話題に上がっている理由です。

最近、抜け毛が気になり始めた人は、このまま抜け毛を放置して取り返しのつかなくなる前に、キャピキシルを初めに使うべきでしょう。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

キャピキシルは遺伝性のハゲにも効く

キャピキシルは、遺伝性のハゲにも効きます。

遺伝性のハゲは、男性ホルモンの分泌量が多いか少ないかに関わらず、額のm字部分とつむじ部分のみに存在する男性ホルモンの受容体に関係している。

親から男性ホルモンをキャッチしやすい体質を受け継いでるとm字部分とつむじ部分がハゲてくる男性型脱毛症を発症する。

つまり、m字部分とつむじ部分の抜け毛を抑えるには、脱毛の原因となる男性ホルモン(ジヒドロテストロン)を抑えるしかない。

キャピキシルには、ビオカニンAという男性ホルモンを抑える働きがあるため、おでこのm字と頭頂部のつむじの抜け毛を防いでくれる。

ただし、これだけでは不十分で守った抜け毛をより長く強く成長させるために、髪を上へと伸ばす役割の毛根にある毛母細胞の働きを復活させることが必要。

キャピキシルにはなんと、抜け毛を抑える働きと合わせて、この毛母細胞を活性化させる働きがある。

これによって、お父さんやおじいちゃんが薄毛で遺伝してしまった人でも、抜け毛を抑えながら、髪の毛の成長を長くし抜けにくくすることが可能になる。

 

キャピキシルは女性の抜け毛にも効果あり

女性でも最近では仕事によるストレスの増加や、食事や生活習慣の変化から、ホルモンバランスの乱れを起こし、本来起こりにくいはずのm字ハゲやつむじハゲを発症してしまう女性男性型脱毛症になる人が増えています。

キャピキシルは、女性の乱れたホルモンバランスを整え男性ホルモンを抑え抜け毛を抑えながら、髪の毛を成長させていく毛母細胞活性化効果があります。

そのため、全体的に髪の毛が薄くなった女性だけでなく、おでこがかなり広くなってしまった人やつむじ部分にかけて分け目が目立つようになってしまった人にキャピキシルは効果を発揮してくれます。

キャピキシルは女性でもら安心して使用できる成分なので、抜け毛が目立ち始めたらなるべく早く使用しましょう。

キャピキシルは薬ではなく天然成分から抽出されているので安全

キャピキシルは薬ではない。

ミノキシジルやプロペシアといったAGAクリニックで処方される薬だと、発毛効果は高いものの男性機能の低下、低血圧によるめまいや動悸などの副作用が起こる。

そこで、カナダの化粧品会社のルーカスマイヤーが天然成分のみでミノキシジルやプロペシアといった薬と近い働きができないかと、天然成分のみから作り出したのがキャピキシル。

アカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド-3の2つを合わせることで完成した。

キャピキシルには、プロペシアのようにM字部分の脱毛を促す男性ホルモンを抑える働きと、髪の毛を作る毛根の毛母細胞を活性化させる働きがある。

このようにAGA治療薬と似た働きがありながら、天然成分から作られているので副作用がない。

成分名は薬のようなので、間違えやすいがプロペシアやミノキシジルのように、頭皮に痒みやかぶれを引き起こしたり性機能を低下させたりといった危険な副作用はない。

 

キャピキシルならリアップのような副作用はないため安心して使える

開発メーカーのルーカスマイヤーが、キャピキシルの成分によって効果測定のための4か月間の試用試験をしたところ、使用者に副作用は認められなかったとある。

キャピキシルは、リアップに含まれる医薬成分ミノキシジルのように血行促進作用と毛母細胞の活性化効果を持ちます。

ミノキシジルだと、ドラッグストア等で購入できるものの、副作用が起こる高さから、第1類医薬品に指定されています。

誰でも気軽に購入できるというわけではなく必ず薬剤師による副作用の説明を聞いた上で購入する対面販売が義務付けられているわけです。

ですが、キャピキシルは天然の植物であるアカツメクサから抽出したエキスと、アミノ酸であるアセチルテトラペプチド-3を掛け合わせた成分です。

どちらも危険性はないので、リアップのように副作用の心配はありません。

キャピキシルは肌が弱い敏感肌の人が使っても問題なし

僕自身、長年頭皮の乾燥から痒みとフケに悩まされていました。

そんな超敏感肌な自分が、キャピキシルが配合された育毛剤を使っても頭皮の痒みやかぶれなどの副作用が起こることは全くありませんでした。

むしろ、育毛剤にはキャピキシル以外にも頭皮の保湿や殺菌成分が必ず合わせて配合されています。

そのおかげで、キャピキシル配合の育毛剤を使ってから全く頭皮の乾燥、痒み、フケに悩まされることがなくなったのは驚きでした。

そのため、自分のように頭皮以外の体全体のお肌でも刺激を受けやすい人でもキャピキシルは安心して使えるでしょう。

キャピキシルは女性の頭皮にも痒みやかぶれは起きず安全

キャピキシルの原料は天然成分のため女性が使用しても全く問題ない。

お肌が敏感肌で、かぶれたり痒くなったりしないか心配な人、過去に使った化粧品や育毛剤で痒くなったような経験がある人でも、キャピキシルがお肌を刺激するようなことはありません。

キャピキシルを使用していればミノキシジルやプロペシアのようなAGA治療薬は使わなくてもいいのか

ミノキシジルやプロペシアのようなAGA治療薬は、発毛効果は魅力的ですが強い副作用もあるため、使いたくないのが本音なんですよね。

特に、プロペシアなんかは自分のように20代後半で独身男性であればなおさら使いたくなくなる性機能の低下のような恐ろしい副作用があるわけです。

お金も育毛剤のみを使うよりもかかってしまいますしね。

自分と同じような考えの人は、キャピキシル配合育毛剤とミノキシジルやプロペシアのようなAGA治療薬を併用する必要はありません。

ただし、市販の育毛剤には当然キャピキシル以外の成分も含まれています。

キャピキシルは、男性ホルモンを抑制するためプロぺシアに近い働きをするわけです。

ですが、プロペシアのように男性ホルモンを抑えるだけでは抜け毛を防ぐ働きしかしてくれません。

大事なのは抜け毛を防いで残った毛髪に、血液を送り太くコシのある髪を作るためのミノキシジルの役割を果たす血行促進作用です。

この、男性ホルモン抑制成分と血行促進成分がバランスよく配合された育毛剤を使えば、ミノキシジルやプロペシアのようなAGA治療薬の併用が必要なくなります。

自分自身、このような2つの働きを備えた市販の育毛剤がないか探しまくったところ、見つけて愛用しているのがフィンジアです。

フィンジアには、男性ホルモン抑制成分と血行促進成分が他のどの育毛剤よりもバランスに優れています。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

M-034、キャピキシル、アルガス-2、ミノキシジル、リデンシル、ピディオキシジルなど話題の成分の中でどれが一番いい?

いま、話題の育毛剤の成分で実際どの成分が一番抜け毛への効果に期待できるのかって気になりますよね。

そこで、M-034、キャピキシル、アルガス-2、ミノキシジル、リデンシル、ピディオキシジルの中で、毛髪に与える効果が高い順にランキングにしました。

1位 キャピキシル
M字とつむじの抜け毛を防ぐ男性ホルモン抑制効果
髪の毛を成長させ強くコシを出す毛母細胞活性化効果
以下で、キャピキシル配合の育毛剤で実力、人気ともにナンバーワンのフィンジアの良さについて詳しく紹介しています。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

キャピキシル配合の育毛剤を探している人は読んでみてください。

2位 ピディオキシジル
血管拡張による頭皮の血行促進
毛母細胞を活性化させることで髪の成長を促進
髪を作りだす毛母細胞自体の活動を助ける成長因子によって髪を強くする

※このサイト内のピディオキシジルについて説明した記事はコチラ

3位 リデンシル
毛母細胞を活性化させることにより、抜け毛を防ぎ髪の成長を伸ばす
頭皮の炎症を抑える
線維芽細胞を活性化させることで頭皮の老化を防ぎ、抜け毛を抑える

4位 アルガス-2(M-034の強化版)
髪の毛を抜けにくくする外毛根鞘の増殖
髪に栄養を与え太く強くする血行促進効果
頭皮トラブルを改善し抜け毛を防ぐ保湿効果
※アルガス-2配合の育毛剤イクオスとフィンジアの比較勝負した記事はコチラ

5位 M-034
髪の毛を抜けにくくする外毛根鞘の増殖
髪に栄養を与え太く強くする血行促進効果
頭皮トラブルを改善し抜け毛を防ぐ保湿効果
※m-034配合のブブカとフィンジアを比較勝負した記事はコチラ

6位 ミノキシジル
血行促進作用
副作用が強いというデメリットあり
※ミノキシジル配合の発毛剤リアップとフィンジアはどっちがいいのか比較した記事はコチラ

話題の新成分が多すぎてどれがいいのかわからないという人は、参考になればうれしいです。

 

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.