未分類

M字ハゲならスカルプD薬用育毛トニックよりもフィンジアがオススメ

投稿日:

20代後半になって抜け毛が増え、M字部分が少しずつハゲてきてしまい育毛剤を使いたいと思っている。

ネットでも有名なスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットか、フィンジアのどっちを使ったらいいのか迷っている。

そんな人のために、この記事ではフィンジアとスカルプDスカルプジェットは、どっちがいいのか比較しました。

M字ハゲへの抜け毛を抑える効果と、成分や価格的に見てどっちの方がいいのか解説します。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

M字ハゲだったらスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットよりもフィンジアが断然おすすめ

M字ハゲへの効果を期待するのであれば、スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットよりも圧倒的にフィンジアを選ぶべきです。

そのため、M字部分の抜け毛が増え前髪が少なくなってしまい、ヘアセットもうまく決まらなくなってしまった人はフィンジアを使いましょう。

M字部分の抜け毛の原因は、男性ホルモンの過剰分泌と、M字部分の血行不良の2つです。

フィンジアとスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットの成分を比較すると、男性ホルモンを抑え、頭皮の血行促進をしてくれる働きのある成分がフィンジアの方が圧倒的に多く配合されていることがわかります。

スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットにも、生え際部分の抜け毛を抑える豆乳発酵液やカッコンエキスなどの男性ホルモン抑制効果のある成分は配合されています。

ですが、フィンジアにはキャピキシルとピディオキシジルという最新の研究により開発された育毛成分が配合されています。

キャピキシルには、男性ホルモンを抑えながら、髪を作る毛母細胞の細胞分裂を活性化させ抜け毛となる髪の毛を守りながら、発毛促進を行います。

ピディオキシジルは、ミノキシジルと似た分子構造を持ち、ミノキシジルと近い働きをしながらも副作用がないように作られた成分です。

つまり、スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットよりもフィンジアの方が、毛髪を男性ホルモンから守り、残った髪を強く太く成長させる発毛促進効果が高いんです。

そのため、とにかくM字部分の増えた抜け毛を抑え、少なくなった前髪をどうにかしたいって人は、スカルプD薬用育毛トニックよりもフィンジアを選ぶべきです。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

髪を太く強く抜けにくくするのはスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットよりもフィンジア

いくらM字ハゲが進行しているとは言え、細くなってしまった全体の髪の毛1本1本も太く強くできたらいいですよね。

髪の毛を1本1本強くする効果で比較すると、スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットよりもフィンジアの方が優れています。

通勤前のスタイリングで、髪の毛にコシがなくなりヘアセットが決まらなかったり、夕方になると髪がヘタってきてしまう人はフィンジアの方がおすすめです。

髪の毛1本1本を太く強くするには、一番に頭皮全体の血行を促進し、頭皮全体の髪の毛に栄養を与えてやることが大事です。

次に大事なのが、栄養を送り元気になった髪の毛が抜けてしまうのを防ぐために、男性ホルモンの働きを抑える成分です。

この2種類の働きをしてくれる育毛成分は、スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットよりもフィンジアの方が多く配合されています。

フィンジアなら、男性ホルモンの働きを抑制し抜け毛を守りながら、髪の毛全体に栄養を送り届け、髪を強く太くしてくれます。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

女性の抜け毛にもスカルプD薬用育毛トニックよりもフィンジアがオススメ

抜け毛に悩んでいる女性で、スカルプD薬用育毛トニックが気になっている人でも、フィンジアの方を使うべきです。

フィンジアを使うことで、細く抜けやすくなった髪の毛に栄養を送り届けることができ、徐々に髪の毛が太く強くなっていく効果が期待できます。

スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットにも、頭皮の血行促進効果のある成分はいくつか配合されていますが、成分数が少ない上に、効果があると話題の最新成分も少ないです。

一方、フィンジアはスカルプDの育毛剤に配合されているメジャーな成分は網羅しながら、キャピキシルとピディオキシジルといった海外メーカーが開発した最新スカルプ成分が配合されています。

キャピキシルとピディオキシジルは、開発元の海外メーカーも実験データを公表していて、抜け毛への効果も確かな成分です。

そのため、女性もスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットを使うならフィンジアの方が抜け毛や、今ある髪の毛を成長させるのに効果的でしょう。

 

月々の価格を抑えたい場合はフィンジアよりもスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェット

自分のようにしがないサラリーマンで、育毛剤に費やす月々の費用をあまり捻出できないという人はフィンジアよりもスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットを購入すべきでしょう。

フィンジアとスカルプDの育毛トニックの価格の違いは、下のようになります。

単品購入価格
フィンジア 12800円(送料640円)
スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェット3240円(送料540円)

定期コース価格
フィンジア 送料無料9980円
スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェット 送料無料2754円

単品購入と定期コースの両方とも、フィンジアよりスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットの方が圧倒的に安いです。

ですが、よっぽど使えるお金が少なく、月々3000円程度しか育毛剤にお金をかけられないという人以外は、値段は高くなってしまうものの絶対にフィンジアを使うべきでしょう。

抜け毛が増えM字ハゲが進行し取り返しのつかないことになってからでは遅いですよね。

自分が月々に捻出できる金額をしっかりと計算して、1万円は確保できるようであれば絶対に抜け毛に効果のあるフィンジアを使うべきでしょう。

 

フィンジアとスカルプD育毛トニックは1本でどのくらい持つのか、年間でいくらかかるのか

フィンジアとスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットは、使い方にもよりますが1本で約1か月間持ちます。

つまり1年間の費用で計算すると以下のようになりました。

フィンジア 単品購入161280円(送料込み) 定期購入119760円
スカルプD育毛トニック 単品購入45360円(送料込み) 定期購入33048円

1年間にかかる金額にしてみると、フィンジアとスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットにはかなりの差が出ることがわかります。

育毛剤の価格は安いに越したことはありませんが、どうせ使うなら抜け毛に効果のある商品でないと意味がありません。

それを考えると、効果が弱めで価格の安いスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットを使うよりも、価格は高いが抜け毛への効果も圧倒的に高いフィンジアを使うべきでしょう。

年間30万円はかかってしまうAGAクリニックなどの病院にかかることを考えると、フィンジアなら10万円程度で収まります。

それで抜け毛が収まるのであれば自分は安いと考えました。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

フィンジアはスカルプD育毛トニックの値段より倍近く高いがそれだけ効果が高い

フィンジアとスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットの価格差が、3倍近くあることを考えると、スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットを購入したくなるのは当然でしょう。

ですが、フィンジアの価格が高いのはそれなりの理由があるからです。

フィンジアには、スカルプD育毛トニックに配合されていないようなキャピキシルとピディオキシジルのような最新成分が配合されています。

また、スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットには痒みやフケを改善する頭皮トラブルの予防成分がほとんどなのに対して、フィンジアには男性ホルモンを抑制し抜け毛を防ぎながら髪を強くする血行促進効果のある成分が中心となって配合されています。

この点にも、スカルプD育毛トニックよりもフィンジアの方が価格が高い理由があります。

1円でも安い商品がいいのであれば、スカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットですが抜け毛への効果を重視するのであれば、断然フィンジアです。

 

フィンジアもスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットも痒みやかぶれが起きない安全な育毛剤

フィンジアもスカルプD薬用育毛トニックスカルプジェットも、頭皮がヒリヒリしたり痒みやかぶれが起きにくい安全な育毛剤です。

なぜなら、フィンジアもスカルプD育毛トニックのどちらも頭皮に刺激の強い医薬成分ミノキシジルは配合されていないからです。

さらに、香料や石油系界面活性剤、鉱物油などのかゆくなりやすい成分も無添加です。

過去に、育毛剤を使って頭皮トラブルを起こした人でも安心して使うことができます。

フィンジアと他の育毛剤の比較結果を知りたい人は下のページをご覧ください。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.