未分類

M字ハゲにはナノインパクト100よりもフィンジアを使うべき

投稿日:

ちょっと前から抜け毛が増えてきたなと思ったら、一気に前髪と生え際部分がスカスカになって隠しきれなくなりつつある。

M字ハゲが本格的にバレる前に、育毛剤でなんとかしようと思っているが、人気のフィンジアとナノインパクト100のどっちがいいか迷っている。

この記事では、そんな人のために28歳M字ハゲに悩む自分が、フィンジアとナノインパクト100について調べまくった結果を元に、どっちがいいのかを解説します。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

M字ハゲにはナノインパクト100よりもフィンジアが効果的

最近生え際のM字部分の抜け毛が増え少し後退してきたかなと気になる人は、ナノインパクト100よりもフィンジアの方を使うべきです。

ナノインパクト100とフィンジアのどちらもM字ハゲの抜け毛を抑えながら、髪の毛を強く太くする効果のある成分が配合されています。

その点は、どちらも素晴らしい商品だと言えるでしょう。

そうなると、ナノインパクト100とフィンジアのどっちがM字ハゲの抜け毛を抑えるのに効果的なのかの判断は成分の質で決まることになります。

ナノインパクト100は全体の成分数も多いものの、M字ハゲに効果が高く特別注目されるような最新の成分は配合されていません。

良い意味で、バランスの整った商品だといえます。

一方、フィンジアはナノインパクト100よりも全体の成分数こそ少ないですが、キャピキシルとピディオキシジルというナノインパクト100にはない今注目されている2大最新成分が配合されています。

このキャピキシルとピディオキシジルは、今までの育毛剤にはない効果を持った育毛成分です。

キャピキシルは、細胞修復作用を持ち髪の毛を作る毛母細胞を活性化させることで髪を強く太くしていきます。

また、キャピキシルに含まれるビオカニンAには、男性ホルモンを抑制する働きがあるため、男性ホルモンが原因で抜けてしまう生え際のM字部分の抜け毛を抑えてくれます。

ピディオキシジルは、ミノキシジル誘導体と呼ばれるほど、ミノキシジルと分子構造が似ています。

まつ毛美容液として使われることが多かったのですが、効果が高かったため、育毛剤にも利用された過去を持ちます。

ピディオキシジルは、ミノキシジルのように血管拡張作用による血行促進効果と毛母細胞の活性化効果があります。

キャピキシルが抜け毛から守った髪の毛に、血液をたっぷりと送り込み、髪の毛を太く長く成長させていきます。

このように、フィンジアのキャピキシルとピディオキシジルには、M字ハゲの改善に必要な男性ホルモンによる抜け毛を抑えながら髪の毛を作る毛母細胞を活性化させることで、強く太くできる仕組みが備わっています。

このようなM字の髪を守りながら、発毛促進も同時に行うような成分が多く配合されているフィンジアの方がナノインパクト100よりもM字ハゲに効果的だと考えます。

ナノインパクト100もいい育毛剤であることは間違いないありません。

ですが、フィンジアのピディオキシジルやキャピキシルのような注目すべき成分が少ないことから、M字はげにはフィンジアが優れていると言えます。

育毛剤は、M字の後退が気になったらすぐに使うことで改善の可能性を高めることができます。

フィンジアとナノインパクト100のどっちを使うべきか迷っている人は、職場などの周囲の人にハゲがバレないためにも早めにフィンジアを使う方がいいでしょう。

 

ナノインパクト100よりもフィンジアの方が抜け毛を抑え髪を太くしコシを出す

M字部分の抜け毛が増え、前髪が薄くなったことに悩んでいる人は、抜け毛を抑え残った髪を強くする必要があります。

ナノインパクト100とフィンジアで迷っている人は、なるべく早くフィンジアを購入し抜け毛を抑えるべきでしょう。

男性の場合、抜け毛が増え禿げあがる箇所は、額のM字部分とつむじ部分のみと決まっています。

これは、M字部分とつむじ部分の毛根のみに男性ホルモンが攻撃し脱毛してしまうからです。

そのため、抜け毛を防ぎ髪を太く強くしていくのであれば、抜け毛を抑える作用のある成分と、髪に栄養を与え強くするための血行促進作用を備えている育毛剤を使う必要があるんです。

この抜け毛を抑えるための男性ホルモン抑制作用と、髪を長く成長させる血行促進作用の2つで比較した場合、ナノインパクト100よりもフィンジアの方が効果が高いと言えるんです。

会社の同僚にバレないように、前髪を少しでも残しながらボリュームアップを目指すのであれば、なるべく早くフィンジアを使うべきでしょう。

 

ナノインパクト100とフィンジアはどちらも副作用がないので乾燥肌で頭皮が弱い人も安心

顔や頭皮は乾燥がひどく敏感肌で、なるべき刺激のない育毛剤を使いたい。

そんな人は、ナノインパクト100もフィンジアのどちらも、問題なく使用することができます。

ナノインパクト100もフィンジアも、頭皮に刺激を与え痒みやかぶれを引き起こすような成分は配合されていません。

どちらにも、頭皮の保湿成分も配合されているため、使っていくことによって乾燥による痒みやフケも直に改善されていくでしょう。

ナノインパクト100とフィンジアの副作用の少ない方を使いたいという人は、どちらも大差はないので抜け毛への効果がより期待できるフィンジアをおすすめします。

 

頭皮への浸透力はフィンジアもナノインパクト100も工夫があり引き分け

ナノインパクト100の一番の特徴は、特殊技術を持つホソカワミクロンのナノ技術を利用した浸透力の高さ。

毛穴の200万分の1。

ピンと来ないと思いますが、とにかく毛穴よりもずっと小さいため、毛穴の奥まで浸透しやすいということ。

その点は、フィンジアにはないナノインパクト100の大きな魅力。

ですが、フィンジアは浸透力に関して何の工夫もないかというとそうではない。

ゲートアクセス理論といい、唐辛子の辛味成分カプサイシンが辛い物を食べ汗をかくときのように、毛穴を開き柔らかくすることで浸透力を高めている。

つまり、ナノインパクト100は育毛成分自体を小さくしたのに対して、フィンジアは毛穴を大きく広げることによって浸透しやすくさせています。

育毛成分を小さくするか、育毛成分が入る入口(毛穴)を大きくするかの違いであり、どちらも浸透力は高いと言えるでしょう。

ナノインパクト100とフィンジアの浸透力にそこまで差がないとなれば、M字部分の抜け毛を抑える効果が高い方を選ぶべきです。

そうなるとナノインパクト100よりもフィンジアを購入した方が早くM字ハゲに作用できると言えるでしょう。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

フィンジアと他の育毛剤の比較結果を知りたい人は下のページをご覧ください。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.