未分類

M字ハゲにはリアップx5プラスよりもフィンジアを使うべき

投稿日:

この記事では、M字ハゲの進行が進み、髪型ではハゲを隠しずらくなった人は、リアップx5プラスとフィンジアのどっちの育毛剤を使うべきなのか、詳しく解説しました。

ちなみに僕自身、28歳M字ハゲでリアップではなくフィンジアを選びました。

なぜなら、たしかにリアップはミノキシジルが配合されているため、髪を太く発毛させる力はフィンジアよりも高いです。

ですが、リアップには男性ホルモンによって増えてしまう男性特有のM字ハゲの抜け毛を抑える働きがないんです。

その点、フィンジアには男性ホルモンを抑え抜け毛を防ぎながら髪を太く強くすることができるんです。

これがフィンジアの決め手となりました。

どうせなら、頭皮がかぶれたりするような副作用がなく安全でいて、M字ハゲの抜け毛への効果の高い育毛剤を選びたいですよね。

僕と同じような人は、リアップよりもフィンジアを選ぶべきでしょう。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

フィンジアとリアップのそれぞれの特徴で比較

フィンジアは化粧品。

リアップは医薬品。

化粧品とは、医薬品のように体に急激な作用をあたえないが、副作用がなく緩やかに変化をもたらすもの。

つまり、医薬品のリアップは薬によって変化をもたらす力は強いが、そのぶん大きな副作用もあるということ。

これだけ聞くと、フィンジアよりリアップの方がいいじゃんということになるわけですが、必ずしもそういうわけではありません。

フィンジアには、最新の研究成果によって生まれた成分が配合されていて、リアップにはない効果を多く持っていたり、それでいて副作用がないというメリットもあるわけです。

この記事の以下で、リアップとフィンジアの効果の違いから購入方法の違い、ズバリどっちを買うべきなのかまで徹底解説していきます。

 

フィンジアとリアップX5それぞれの配合成分を比較

フィンジアにしか配合されていない成分を青文字、リアップx5プラスにしか配合されていない成分を赤文字、どちらにも共通している成分を緑で記載しています。

フィンジア
エタノール、水、BG、ピロリジニルジアミノピリミジノキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルリチン酸2K、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒオウギエキス、キハダ樹皮エキス、メントール、グリセリン、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG-40水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール

リアップx5プラス
ミノキシジル、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール、セタノール、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール

リアップは血行促進と髪の毛の毛根にあって髪を伸ばしていく毛母細胞の活性化の2つの効果。

フィンジアは、血行促進、毛母細胞の活性化、男性ホルモンの抑制(aga対策)、頭皮環境の改善効果があります。

当然、1つの原因だけでハゲる人はいないのでフィンジアのようにいろんな原因にアプローチできる方が格段に薄毛を改善する確率はあがってきます。

そう考えても、いくらリアップには医薬成分のミノキシジルが配合されているからといっても、フィンジアの方がより抜け毛を引き起こす様々な原因にアプローチできることは、この成分一覧を見ても明らかでしょう。

やはり、抜け毛が気になり始めた人、鏡を見ると少しづつではあるものの、生え際やつむじの透け具合が広がっている人はフィンジアを使うべきでしょう。

 

M字ハゲにはリアップx5プラスよりもフィンジアが効果的

M字ハゲには、リアップX5プラスよりもフィンジアが抜け毛に効果的だと言えます。

そのため、M字ハゲの抜け毛を抑えボリュームアップしたいって人は、フィンジアを選ぶべきでしょう。

なんで、リアップx5プラスよりもフィンジアの方が効果的かと言える理由は3つです。

・フィンジアにはリアップにない男性ホルモン抑制成分がありM字の抜け毛を抑える
・リアップのミノキシジルより劣るものの、フィンジアにもリアップと似た働きの髪を強くする血行促進成分が配合されている
・フィンジアはリアップのように抜け毛が増えるような頭皮の痒みやかぶれのような副作用が起きない

フィンジアがリアップよりもM字ハゲの抜け毛を抑えることができる理由は上の3つです。

中でも一番大事なのが、リアップにはないフィンジアの男性ホルモン抑制効果です。

M字ハゲの原因は、男性ホルモンが毛根が髪を作るために必要な血液を遮断してしまい栄養不足になること。

つまり、M字の抜け毛を抑えボリュームアップさせるには、男性ホルモンを抑え抜け毛を防ぎながら、髪の毛に血液を送る血流改善効果がなければいけないことになります。

リアップに含まれるミノキシジルは、高い血行促進効果があるんですが、男性ホルモンを抑える効果はありません。

一方、フィンジアには男性ホルモンを抑える成分と、髪に血液を与える血流促進成分のどちらも配合されているわけです。

つまり、リアップよりもフィンジアの方がM字ハゲに効果があるということになります。

M字ハゲがいま現在進行しているが、取り返しのつかなくなる前に育毛剤でなんとか残したい人はフィンジアを使うべきでしょう。

 

フィンジアとリアップは抜け毛を抑え髪を太くしコシを出すのはどっちか

抜け毛を抑え、かつ髪を太くコシを出してくれるのはリアップよりもフィンジアです。

髪がいつの間にか細く弱く、ヘアセットがうまく決まらなくなってきたと悩んでいる人はフィンジアを使うべきでしょう。

髪を元気に太く強く育てるのは血液です。

リアップのミノキシジルには強力な血行促進作用があるため、髪に血液の栄養が送られ強く太くなる発毛作用があるわけです。

だけど、ほとんどの人が抜け毛に悩むのはM字部分とつむじ部分ですよね。

M字部分とつむじ部分の髪が細く弱くて、抜け毛が増えてきたって人はリアップだけでは改善しない可能性が高いんです。

なぜなら、M字部分とつむじ部分は、血液の巡りが悪くなる血行不良だけが原因でなく、男性ホルモンが髪の毛を脱毛させているためです。

つまり、いくらリアップで血液をM字とつむじの毛根に送り込んでも、男性ホルモンを抑えない限り、抜け毛は発生してしまいます。

M字の抜け毛を抑えながら、髪を太くコシが出るようにし、昔のようにヘアセットもしやすくしたいのであればフィンジアがいいでしょう。

 

フィンジアとリアップX5値段比較

フィンジアとリアップの値段は、フィンジアの方が高いです。

つまり、抜け毛や薄毛への効果はさておき、お金がなく月々に育毛剤に使える費用が少ない人は、フィンジアよりもリアップを使うべきだということです。

リアップは、アマゾンなどの通販サイトや薬局では7600円程度が多いです。(お店によっても価格は変わります)

一方、フィンジアは欲しい時にその都度購入する単品購入は12800円の送料640円。

決まった期間に定期的に送られてくる定期コースは9980円で送料無料。

定期コースは、1回の注文の後でも違約金等はなくすぐに辞められるので、初めての人でも定期コースで買うべきですが、それでもリアップより2000円近く高いです。

フィンジアは、リアップよりもいろんな抜け毛の原因に対応できる万能な育毛剤だとは言え、値段が高いため、長くじっくり続けられないような人はリアップの方がいいかもしれません。

 

副作用がない方を使いたい人はリアップよりもフィンジア

敏感肌の人で、頭皮の痒みやかぶれが起きない育毛剤を使いたい人は、リアップよりも迷わずフィンジアを使うべきです。

なぜなら、リアップに配合されているミノキシジルは副作用があるとされている医薬成分だからです。

一方で、フィンジアにはリアップのような副作用が起きる医薬成分は配合されていません。

事実、ミノキシジルの頭皮への刺激は強く、周りの友人でリアップで頭皮が真っ赤になったようなかぶれの副作用も聞いたことがあります。

いくら髪の毛や抜け毛に効果のある成分が配合されているからといって、使い続けると頭皮が真っ赤にかぶれたり、頭皮の炎症が続くようでは元も子もありません。

ましてや、育毛剤は1日2日では効果が出ません。

最低でも半年は使用を続けないといけないでしょう。

そう考えると、頭皮に刺激が強く痒みやかぶれを引き起こす可能性の高いリアップを半年も使うのは怖いですよね。

敏感肌で、頭皮トラブルが出ない商品を使いたい人はフィンジアを使いましょう。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

フィンジアとリアップX5浸透力が高いのは?

フィンジアとリアップの浸透力で比較すると、文句なしでフィンジアの方が浸透しやすいと言えます。

ミノキシジルはかなり浸透力が悪いことで有名です。

販売メーカーの大正製薬によるとリアップのミノキシジルはたったの1%しか浸透しないとのこと。

そのため、リアップには5%のミノキシジルが配合されているが実質1%しか頭皮に浸透していないという感じでしょうか。

加えて、リアップにはフィンジアのように特に頭皮に浸透しやすくするための技術は応用されていません。

そのため、せっかく毎晩お風呂上がりにせっせとリアップをつけてもそのほとんどが毛穴の奥の毛根まで浸透していないと言えるわけです。

フィンジアには、speテクノロジーといわれるカプサイシンの辛味によって毛穴をこじ開け浸透力を高める方法が取られています。

もともと浸透力は悪くない成分に対して、浸透力を高めたフィンジアと、もともと浸透力が悪いミノキシジルで浸透力を高める工夫をしていないリアップの差は歴然でしょう。

より頭皮の毛穴に浸透し抜け毛に効果を発揮するのはフィンジアの方だと言えます。

 

フィンジアとリアップの返金保証の比較結果

市販の育毛剤には、使ってみて納得がいかなければ、メーカーが指定した期間内であれば購入代金を返してくれる全額返金保証が付いていることが多いです。

フィンジアには30日間以内の返金保証が付いていますが、リアップには返金保証はありません。

リアップよりもフィンジアの方がより初めての人でも利用しやすい親切な育毛剤だと言えるでしょう。

ちなみにフィンジアの返金保証を利用できるのは、フィンジアを初めて使った人のみです。

また、メーカーぎ指定した期間である30日以内に返金保証を利用したいとフィンジアの販売メーカーの株式会社ユーピーエスに電話をしなければいけない点に注意です。

ただ、リアップを使って頭皮に痒みやかぶれが起きたら、使用を中止してそれで終わりですが、フィンジアなら購入代金を返金してもらえます。

やはり、初めて育毛剤を使う人であれば、フィンジアの方がいいでしょう。

 

フィンジアとリアップの購入方法の違い

フィンジアとリアップには購入方法に若干の違いがあり、僕個人的にはフィンジアの方が購入の際に面倒がないと感じています。

そのため、仕事が忙しくて帰りが遅かったり、休みが少ないため、買い忘れたりする心配がある人はフィンジアの方がいいでしょう。

フィンジアは、店舗での販売はなく通販のみです。

通販だと店舗にわざわざ買いに行く必要がないので、仕事終わりに合わせてお店の営業時間を気にする必要もないし、買い忘れもなくフィンジアがなくなってしまったなんてこともありません。

一方、リアップは医薬品のため購入前に薬剤師による副作用の説明を受ける対面販売が必要です。

店舗に足を運ぶだけでも仕事が忙しいサラリーマンにとっては面倒なのに、さらに対面販売で説明を聞く必要もあるため、フィンジアより購入に関してハードルが上がることは間違いないでしょう。

 

フィンジアとリアップの容器・使用感の比較

リアップとフィンジアの使いやすさを比較したところ、フィンジアの方が初めての人でも使いやすいことがわかりました。

そのため、初めての育毛剤で上手く使えるかどうか心配な人はフィンジアにすべきでしょう。

フィンジアの容器はスプレタイプになっています。

ヘアスプレーを想像していただければわかりやすいですが、抜け毛が気になる部分にスプレーを噴射して、指でマッサージして馴染ませていきます。

スプレータイプだと、噴射口が頭皮に直接くっつかずに衛生的で、プッシュするたびに毎回同じ量が噴射されるため、一回に使う分量を間違えないというメリットがあります。

一方で、リアップは頭皮に直接つけて塗布するノズルタイプです。

頭皮に直接付けるため雑菌が発生しやすく衛生的にはマイナスですが、リアップはノズルタイプの育毛剤の中でも1番使いやすい作りになっています。

リアップのフタを開けると塗布先のタンクのような部分に一回分の液体が溜まる仕組みになっているので、一回分の使用量を間違えることはありません。

リアップとフィンジアには使っているのがバレるようなニオイは特になし。

通勤電車や会社内のエレベーター、隣のデスクの人にも臭いが原因でバレることはまずないでしょう。

リアップもフィンジアもどちらも使用感に問題はないですが、衛生麺の僅かの差で初心者にはフィンジアをおすすめします。

フィンジアと他の育毛剤の比較結果を知りたい人は下のページをご覧ください。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.