未分類

M字ハゲにはボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアがオススメ

投稿日:

今話題の最新成分ピディオキシジルとキャピキシルが配合されている育毛剤といえばフィンジアです。

ですが、フィンジアと同じようにピディオキシジルとキャピキシルが配合されている育毛剤はフィンジア以外にもボストンスカルプエッセンスがあります。

どうせ買うのであれば、より抜け毛を防ぐ効果が高い育毛剤を購入したいですよね。

そこでこの記事では、フィンジアとボストンスカルプエッセンスのどちらが抜け毛を抑える効果が高いのか、徹底的に比較しました。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

M字ハゲだったらボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアがおすすめ

抜け毛が増え始めたとともに、m字部分が後退してきた人は、ボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアを使うべきでしょう。

フィンジアの方が、m字部分の抜け毛を抑えながら、前髪を強く太くしていく働きが強いと言えるからです。

m字ハゲの抜け毛を抑えながら髪を太く強くするには、血行促進作用と男性ホルモン抑制作用が必要です。

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアのm字部分に働きかける目玉成分、キャピキシルとピディオキシジルは実は配合量が微妙に違っていたんです。

ボストンスカルプエッセンス
キャピキシル5%
ピディオキシジル1.5%

フィンジア
キャピキシル5%
ピディオキシジル2%

ピディオキシジルが、ボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方が0.5%多く配合されていたんです。

たったの0.5%かと思うかもしれませんが、決して侮れません。

m字部分に働きかける育毛成分は、多く配合されるに越したことはありませんから。

ピディオキシジル以外の両者の違いは、ボストンスカルプエッセンスには抗酸化作用によって、頭皮の痒みや赤みを防ぐ頭皮環境改善効果があるフラーレン、頭皮トラブルを防ぐオレアノール酸などが配合されています。

一方フィンジアには、血行を促進しながら毛穴を開く働きのある唐辛子でお馴染みのカプサイシンが配合されているため、浸透力が高い作りになっています。

このことからも、ボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方がおすすめできるわけなんです。

 

フィンジアとブブカは抜け毛を抑え髪を太くしコシを出すのはどっちか

抜け毛を抑えながら髪を太くしコシを出すには、男性ホルモン抑制作用と血行促進作用が必要です。

特に男性ホルモン抑制作用は1番大事な働きとも言えます。

男性ホルモンは、本来なら太く限界まで成長するはずの髪の毛の成長を止め、細い産毛のような状態で脱毛させてしまいます。

まずは、この男性ホルモンによる抜け毛を抑えないかぎり、毛量を増やしボリュームアップには絶対につながらないということです。

ボストンスカルプエッセンスには、男性ホルモン抑制作用のある成分がキャピキシルの一種類のみです。

一方、フィンジアには、キャピキシルとヒオウギエキスの2種類が配合されています。

ボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方が抜け毛を抑えながら髪を太く成長させることができるのは間違いありません。

 

AGAの抜け毛への効果を比較!ボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方が効果的

agaによる抜け毛への効果を比較したところ、ボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方が効果が高いことがわかりました。

男性ホルモンの過剰分泌によって抜け毛が増えるagaは、額のm字部分と頭頂部のつむじ部分のみの薄毛が進行していく特徴があります。

そのため、m字部分とつむじ部分の薄毛が進行している人は、agaによる抜け毛を抑えるために男性ホルモン抑制効果の高い育毛剤を使うことが一番重要です。

そのため、生え際とつむじのagaに悩んでいる人は、ボストンスカルプエッセンスではなくフィンジアを使うようにしましょう。

ボストンスカルプエッセンスには、男性ホルモン抑制成分がキャピキシルとオレアノール酸の2種類しか配合されていない。

一方、フィンジアにはキャピキシルだけでなく、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスの3種類配合されています。

つまり、それだけ男性ホルモンが原因で抜け毛を誘発するagaを防ぐ力はボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方が高いことがわかります。

鏡を見て自分だけがわずかに分かる程度でも、つむじ部分が薄くなったり、生え際が後退したと感じる人はフィンジアを使う方がいいでしょう。

 

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの主成分で比較!

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの主成分はどっちが優れているのか比較すると、フィンジアの方が注目成分の配合濃度が高く、より育毛への効果が期待できることがわかりました。

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの主成分は、キャピキシルとピディオキシジル。

キャピキシルは男性ホルモンを抑制する働きを持ち、生え際やつむじの抜け毛を防いでくれます。

ピディオキシジルは、ミノキシジル誘導体と言われ、母体であるミノキシジルの成分を大幅に変えることなく改良した成分になっています。

休止期になり活動が止まった、髪を成長期に移行させる働きがありながら、ミノキシジルのような副作用がない成分です。

フィンジアとボストンスカルプエッセンスにはどちらも配合されていますが、ピディオキシジルの配合量がフィンジアの方が0.5%多いんですよね。

どちらも同じ成分を主要成分とした育毛剤の場合、配合量が2つの育毛剤の差を分けます。

フィンジア:キャピキシル5%、ピディオキシジル2%

ボストンスカルプエッセンス:キャピキシル5%、ピディオキシジル1.5%

この場合、フィンジアの方がボストンスカルプエッセンスよりも配合成分が充実しているという結果になるのは当然でしょう。

 

フィンジアとボストンスカルプの成分比較(全成分比較)

フィンジアにしか配合されていない成分を青文字、ボストンスカルプエッセンスにしか配合されていない成分を赤文字、どちらにも共通している成分を緑で記載しています。

フィンジア
エタノール、水、BG、ピロリジニルジアミノピリミジノキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルリチン酸2K、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒオウギエキス、キハダ樹皮エキス、メントール、グリセリン、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG-40水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール

ボストンスカルプエッセンス
水、エタノール、BG、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、デキストラン、モウソウチクたけのこ皮エキス、アマモエキス、褐藻エキス、カミツレ花エキス、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、グリチルリチン酸2K、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ビオチノイルトリペプチド-1、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、PPG-26ブテス-26、メントール、フラーレン、アピゲニオン、オレアノール酸、カンフル、PVP、グリセリン、レシチン、ダイズ油、ラベンダー油、クエン酸、クエン酸Na、リン酸Na

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの全成分を比較すると、各々にしか配合されていない独自の成分が目立ちます。

中でも注目したいのがフィンジアにしか配合されていない血行を促進し髪を太く成長させるセンブリエキス、ボタンエキス、男性ホルモンを抑え抜け毛から守るビワ葉エキス、ヒオウギエキスの4種類。

ボストンスカルプエッセンスは、フケや痒みなどの頭皮環境を改善させるフラーレンと男性ホルモンを抑えるオレアノール酸。

フィンジアには、キャピキシルとピディオキシジル以外にも、しっかりと抜け毛を防ぎ、残った髪を強くする血行促進成分がバランスを考えて配合されていることがわかります。

ですが、ボストンスカルプエッセンスには、毛髪の成長に直接関係しにくいフラーレンだったりと、いまいちフィンジアと比べると弱い印象があります。

やはり、全成分で比較してみてもフィンジアよりもボストンスカルプエッセンスの方が、抜け毛や髪の毛の成長への効果は高いと判断できます。

抜け毛が増えてきたり、髪の毛が細く弱々しくなってきたと実感する人は、フィンジアを使うべきです。

 

月々の価格を抑えたい場合はフィンジアよりもボストンスカルプエッセンス

自分はしがないサラリーマン。

そのため、正直月々の育毛剤代は抑えられるに越したことはありません。

もし、自分と同じように金額の安さが第一で月々の育毛剤費用を抑えたいという人はフィンジアよりもボストンスカルプエッセンスを選ぶべきです。

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの月々にかかる料金を以下で比較したので参考にしてください。

・単品価格
フィンジア 12800円(送料640円)
ボストンスカルプエッセンス 9800円(送料無料)

・定期コース
フィンジア 9980円送料無料 2回目からでもいつでも解約可能
ボストンスカルプエッセンス 初回送料無料で980円、2回目からは8800円
最低3回の継続が必要(3回の継続で合計18580円)

単品購入と定期購入のどちらも、フィンジアよりもボストンスカルプエッセンスの方が安く買えます。

なので、抜け毛を抑える効果よりも1円でもとにかく安い方を選びたいという人はボストンスカルプエッセンスを選んでください。

ただ、ボストンスカルプエッセンスの定期便を選んだ場合は、最低3回継続しないと解約できない点にだけ注意してください。

どちらにせよ、フィンジアを3回継続した場合でも29940円なので、ボストンスカルプエッセンスの方が安いことには間違いありません。

価格の安いボストンスカルプエッセンスを使おうと考えているが、定期コースで3回も継続したくないって人は、ボストンスカルプエッセンスの単品購入で試してみるのも一つの手です。

 

フィンジアもボストンスカルプエッセンスも痒みやかぶれが起きない安全な育毛剤

過去に育毛剤等を使って頭皮に痒みやかぶれが起きたことがあったり、敏感肌で肌につけるものには気を付けている人は、できるだけ刺激のない方の育毛剤を使いたいと思うのは自然なことです。

フィンジアとボストンスカルプエッセンスのどちらも頭皮に痒みやかぶれを引き起こす刺激となるような危険な成分は配合されていません。

敏感肌の人でも副作用の心配なく安心して使用できます。

実際に、フケや痒みがあり、過去に育毛剤を使い頭皮が真っ赤にかぶれてしまった経験を持つ自分でもフィンジアは、何の問題もなく使えています。

それどころか、フィンジアに配合されている保湿成分や殺菌成分のおかげで、みるみるフケと痒みが改善されていったのには驚きすら覚えました。

自分のように、フケや痒みなどの敏感肌で悩んでいる人にも、むしろおすすめしたいぐらいです。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの頭皮への浸透力で比較

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの、頭皮への浸透力を比較したところ、フィンジアの方が上回る結果となりました。

フィンジアは、カプサイシンで頭皮の毛穴を開くことで、成分を毛穴の奥まで浸透しやすくしてくれます。

ボストンスカルプエッセンスには公式販売ページを読み込んでみても、特に浸透力をあげるような技術が使われている記載がありません。

よって、ボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方が育毛成分の浸透力は高いと言えるでしょう。

浸透力は育毛剤にとって、効果を左右してしまうため重要な要素の1つです。

最近抜け毛が気になってきた人であれば、まずは抜け毛を抑えるためにも、育毛成分の浸透力が高いフィンジアを使ってみるのがいいでしょう。

 

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの使用感を比較!

フィンジアとボストンスカルプエッセンスは、育毛剤を初めて使う人にとってどっちが使いやすか比較した結果、圧倒的にフィンジアの方が使いやすいことがわかりました。

なので、育毛剤を初めて買う人であれば、毎日簡単に塗れるフィンジアを使うべきです。

ボストンスカルプエッセンスが使いにくいと感じた理由は、市販の育毛剤には珍しいスポイトタイプが採用されているところです。

育毛剤のキャップと一体化したスポイトを育毛剤に付け吸い取り、頭皮に垂らして使います。

ボストンスカルプエッセンスは、1日に二回使って、一回あたりの分量が1ml。

ただ、そのスポイトに目盛りが付いてないんです。

そのため、1mlちょうど使えず、毎回使う量がバラバラになってしまうデメリットがあります。

さらに、雑菌が繁殖してしまうため、スポイトの先端を頭皮につけずに垂らさないといけません。

ボストンスカルプエッセンスのスポイトの扱いは慣れるまではかなり難しいかもしれません。

一方、フィンジアはスプレータイプなので、初めての人でも、ヘアスプレーのような感覚で簡単に頭皮に付けることができます。

また、一回の噴射の量は決まっているため毎回同じ分量を使用することができるし、噴射口を頭皮に直接付けて雑菌が繁殖するような心配もありません。

初めて育毛剤を使う人は間違いなくフィンジアの方が使いやすいでしょう。

 

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの返金保証期間を比較!

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの全額返金保証期間の長さを比較したところ、ボストンスカルプエッセンスの方が長いことがわかりました。

全額返金保証の期間が長ければ、それだけ育毛剤購入後に自分の頭皮に合っているか、痒みやかぶれは出ないかなどをじっくり確認できるわけです。

そのため、初めて育毛剤を使う人は、フィンジアよりもボストンスカルプエッセンスの方がじっくりと試せる期間が長いです。

フィンジアの返金保証期間は30日間。

ボストンスカルプエッセンスは、45日間。

返金保証の長さは、育毛剤の使用感をチェックする上で大きいと言えるでしょう。

そのため、育毛剤をじっくり使ってから返金を考えたい人は、ボストンスカルプエッセンスがいいでしょう。

ただし、1つだけ注意しなければいけないのが、ボストンスカルプエッセンスの返金保証は単品注文した場合のみです。

定期コースを使った場合には返金保証が適用されません。

せっかく返金保証期間が長いのに、その点だけが残念だと言えるでしょう。

フィンジアは、単品購入、定期購入どちらも対象になっています。

それを考えると、価格の安い定期コースでも返金保証が付いているフィンジアも十分親切な条件だと言えます。

 

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの定期コースの解約までの回数で比較

フィンジアとボストンスカルプエッセンスは、定期コース何回目で解約できるのか比較した結果、フィンジアの方が縛りの回数が少なく、注文1回目で解約できふことがわかりました。

つまり、定期コースだと通常購入よりも安くなるからといってボストンスカルプエッセンスを選ぶと、思わぬ金額がかかってしまう羽目になるので注意しましょう。

フィンジアは購入後1回で定期コースの解約が可能です。

ボストンスカルプエッセンスは、3回の注文の縛りがあり、3回のお届けが完了すればいつでも解約可能です。

ボストンスカルプエッセンスの定期コース3回分の合計金額が18580円。

フィンジアなら1回分の定期コース9980円だけで解約することもできます。

つまり、育毛剤使用経験のない初心者の場合、2回目、3回目と使うのかどうかがわからない場合は、絶対にフィンジアを使うのがおすすめです。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

フィンジアと他の育毛剤の比較結果を知りたい人は下のページをご覧ください。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.