未分類

ザスカルプ5.0cよりも絶対にフィンジアを使うべき

投稿日:

若い時に比べて明らかに髪の毛が細くなりコシがなくなってしまった。

昔のように太くコシのある髪の毛に戻したい。

そんな人は、注目成分キャピキシルが配合されているフィンジアとザスカルプ5.0c(THE SCALP5.0c)だったらどっちを購入すべきなのか。

実際に、28歳M字ハゲの自分が悩み、どっちの方がM字ハゲに効果的なのか調べまくった結果を共有します。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

M字ハゲだったらザスカルプ5.0cよりもフィンジアがおすすめ

20代後半でM字ハゲの人は、ザスカルプ5.0cよりもフィンジアの方が絶対におすすめです。

髪の毛にコシやハリがなくなって、前髪が少なくなりヘアセットが決まりにくくなってしまった人はフィンジアで早く髪を太くする必要があります。

M字ハゲを改善するには、男性ホルモンを抑え抜け毛を防ぎながら、血液を送り髪を太く長く成長させなければなりません。

そのために必要な育毛剤の成分が、男性ホルモン抑制成分と頭皮の血行促進成分。

フィンジアとザスカルプ5.0cには、この2つの働きを持つ成分がしっかりと配合されているのか比較してみました。

フィンジアには、血行促進成分の代表格ともいえるキャピキシル、ピディオキシジル、センブリエキス、ボタンエキス、ヒオウギエキスがしっかり配合されています。

男性ホルモン抑制成分でも、配合されてなければならないキャピキシル、フユボダイジュ花エキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスが配合。

これだけ、M字部分の抜け毛に作用する成分が配合されているため、かなり高評価です。

これなら、M字部分の男性ホルモンを抑え抜け毛を防ぎながら、M字部分に血液を送り込み髪を太く長く成長させることができるでしょう。

結果的に、フィンジアを使い続けることで前髪部分の髪は太くなりコシが出るというわけです。

一方、ザスカルプ5.0cには血行促進成分がセンブリエキス、プラセンタエキス、オタネニンジン根エキスの3種類が配合されています。

フィンジアよりも血行促進成分が少ないため、髪の毛を太く強く成長させる作用が、若干弱いと考えられます。

ザスカルプ5.0cの男性ホルモン抑制作用は、キャピキシルの1種類のみ。

フィンジアが4種類も配合しているのに対してザスカルプ5.0cは1種類のみと、生え際の抜け毛を抑える働きに少し不安が残ります。

そのため、M字ハゲの進行を止めて、同時に太くコシのある髪の毛に成長させたいという人は迷わずフィンジアを使うべきだと言えます。

 

フィンジアとブブカは抜け毛を抑え髪を太くしコシを出すのはどっちか

額のM字部分の抜け毛を抑えるのは当然として、M字以外の髪の毛全体のコシやハリを取り戻したいって人でも、ザスカルプ5.0cよりもフィンジアを使うことをおすすめします。

M字部分だけでなく、全体的に髪の毛を太くして、昔のように動きのあるヘアスタイルを作りたいですよね。

M字部分とつむじの抜け毛を防ぐ働きは、いかに男性ホルモンを抑える成分が配合されているかで決まります。

ですが、髪の毛全体の1本1本を太くしコシとハリを出したい場合は、頭皮全体にしっかりと血液を循環させる血行促進効果が大事になります。

その点、フィンジアにはキャピキシル、ピディオキシジルをはじめとした5種類の血行促進成分が配合されています。

しかし、ザスカルプ5.0cには3種類しか配合されていません。

より頭皮全体の髪の毛に血液を巡らせ1本1本に栄養を与えされるのはフィンジアだと言えるでしょう。

M字ハゲを抑えるのは当然のこと、髪の毛全体のコシを出したい人は、フィンジアを使いましょう。

 

キャピキシルの配合量はザスカルプ5.0cもフィンジアも同じ

フィンジアとザスカルプ5.0cに配合されている注目の成分と言えばキャピキシルです。

キャピキシル目当てでフィンジアとザスカルプ5.0cのどちらかの商品の購入を検討している人も多いかと思いますが、配合量で言えばどちらも同じ5%です。

そのため、キャピキシル以外の成分でどちらを購入するのか検討する必要があるわけです。

ザスカルプ5.0cには、フィンジアにはない細胞活性化効果を持つプラセンタが配合されていますが、上でも解説したようにM字部分の抜け毛を抑える作用を持つ成分が少ないです。

フィンジアには、ザスカルプ5.0cにはない注目成分ピディオキシジルが配合されています。

ミノキシジル誘導体と言われるほど、分子構造が似ているのが特徴で強い血管拡張作用を持ちます。

さらに、フィンジアは抜け毛を抑える成分も、髪の毛を太く成長させる成分もどちらもザスカルプ5.0cよりも多く配合されています。

そのため、キャピキシルの配合量だけで比較するのではなく、他の成分も比較した結果、ザスカルプ5.0cよりもフィンジアの方が抜け毛に効果が高いということがわかります。

抜け毛を抑えながら、昔のようなコシとハリのある髪の毛に戻したい人は、ザスカルプ5.0cよりもフィンジアを使うようにしましょう。

 

月々の価格を抑えたい場合はフィンジアよりもザスカルプ5.0c

自分のようなサラリーマンは月々のおこづかいに余裕がないため、できれば月々の育毛剤代は抑えたいというのが本音です。

そこで、ザスカルプ5.0cとフィンジアの価格を比較したところ安いのはザスカルプ5.0cでした。

単品購入
フィンジア 12800円(送料640円)
ザスカルプ5.0c 15000円(送料540円)

定期コース
フィンジア 9980円送料無料 2回目からでもいつでも解約可能
ザスカルプ5.0c 初回半額4980円(2回目以降は送料無料で10000円)
(ザスカルプ5.0cは最低4回の継続が必要なので、4回分34980円は最低でもかかる)

単品購入こそフィンジアの方が安くなりますが、定期コースだと逆転しザスカルプ5.0cの方が初回半額キャンペーンの影響もあり安くなります。

ですが、ザスカルプ5.0cの定期コースは最低でも4回は使用を継続しなければいけないという決まりがあります。

ザスカルプ5.0c4回の注文で34980円、フィンジアは4回分だと39920円でザスカルプ5.0cよりも少し高くなってしまいます。

1円でも安い方を購入したいというのであればザスカルプ5.0cの定期コースを購入するのがいいですが、自分に効果があるかもわからない状態で4回も続けるのは厳しいですよね。

育毛剤自体の効果も、フィンジアの方が高いと考えるので、いつでも解約できるフィンジアの定期コースの方が初心者でも使い始めやすいと言えるでしょう。

 

フィンジアも痒みやかぶれが起きない安全な育毛剤

過去に育毛剤のようなお肌に直接使うようなタイプでかぶれや痒みが起こってしまった経験を持つ人は極力安全な商品を使いたいと思うでしょう。

ザスカルプ5.0cもフィンジアもどちらも、頭皮に痒みやかぶれを発生させるような成分は配合されていません。

自分のように敏感肌で気を付けなければいけないのが、刺激となり痒くなりやすい香料や着色料、石油系界面活性剤やシリコンなどです。

ザスカルプ5.0cもフィンジアもどちらもこれらの添加物は配合されていないので、安心して使用できます。

事実、自分はフィンジアを2年ほど使っていますが、一度も痒みやかぶれが起こったことはありません。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

ザスカルプ5.0cよりもおすすめなフィンジアと他の人気育毛剤との比較結果を知りたい人は下のページをご覧ください。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.