未分類

M字ハゲにはdeeper3dよりもフィンジアが効果的な理由

投稿日:

m字ハゲの進行が進んで前髪がスカスカになってしまった…。

自分のようにサラリーマンなので、月々の育毛剤代はできるだけ抑えたい…。

そんな人は、いま話題の育毛剤フィンジアとdeeper3Dのどっちを使うべきなのか?

この記事で徹底的に解説しました。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

 

M字ハゲだったらdeeper3Dよりもフィンジアがおすすめ

自分のように20代後半でm字ハゲに悩んでいる人は、deeper3Dよりもフィンジアを使うべきです。

フィンジアなら、m字部分の抜け毛を守りながら、守った髪に栄養を与え強くコシのある髪の毛を育てることができます。

なぜ、deeper3Dよりもフィンジアの方がm字ハゲの改善に向いているかというと、m字ハゲの抜け毛の原因である男性ホルモンを抑える働きがフィンジアの方が優れているからです。

おでこのm字部分の髪の毛が抜ける原因は、ただ1つで男性ホルモンです。

この男性ホルモンがm字部分にのみ存在し、毛根を攻撃することで栄養が遮断され脱毛してしまうわけです。

つまり、額のm字部分の抜け毛を防ぐには男性ホルモンの活動を抑える成分が配合されていないと意味がないことがわかります。

deeper3Dには、男性ホルモンを抑える成分がキャピキシルの1種類のみ。

フィンジアには、キャピキシルとビワ葉エキス、ヒオウギエキスの3種類も配合されています。

つまり、deeper3Dだとフィンジアに比べて生え際の男性ホルモンを抑える効果が弱いため、どんなに発毛促進効果があったとしても脱毛してしまう可能性が高いわけです。

その点、フィンジアならm字部分の脱毛を防ぎ前髪を残してくれます。

前髪をしっかり残しながら、血液と栄養を送り髪を太くコシを出してくれるわけです。

そのため、m字ハゲの改善を第一目的に置く人は、deeper3Dよりフィンジアは使いましょう。

 

フィンジアとdeeper3Dは抜け毛を抑え髪を太くしコシを出すのはどっちか

m字ハゲを改善する効果と同様に、髪の毛全体を太くしコシを出す効果ぎ高いのはdeeper3Dよりもフィンジアです。

そのため、m字ハゲだけでなく、全体的に髪の毛が細く弱くなってしまった人はフィンジアを使うべきです。

なんでdeeper3Dよりもフィンジアの方が、髪の毛全体を強く育てる効果が高いかというと、フィンジアの方が、抜け毛を防ぐ力が高いからです。

髪の毛を太く強く成長させる働きは成分から見ても、deeper3Dとフィンジアは互角です。

ですが、deeper3Dよりもフィンジアの方が抜け毛を抑える働きが強いので結果的に髪の毛全体の成長期を長くし、太く強い髪の毛に育つというわけなんです。

フィンジアの注目成分はキャピキシル5%とピディオキシジル2%。

deeper3Dの注目成分は、キャピキシル5%とリデンシル5%。

主成分の働きはどちらも近くほぼ互角です。

そこで主成分以外にどんな効果が得られるかが重要になってくるわけです。

deeper3Dは成長因子が配合されている点に注目している人も多いでしょう。

事実、成長因子(グロースファクター)を8種類も配合してる育毛剤はdeeper3Dだけ。

成長因子は、髪の毛を伸ばすための細胞分裂の働きが鈍ってしまった毛母細胞に直接働きかけ、細胞分裂を活性化させる効果があります。

さらに、髪の毛を抜けにくく太くコシのある髪に育てるには髪の栄養源となる血液を送り込むことが必要になってきます。

そのためには、頭皮の血行促進効果の高い育毛剤を使わなければいけません。

その点、フィンジアには髪を作る毛母細胞を活性化させる働きのあるキャピキシルと、deeper3Dにはないミノキシジルと似た働きを持つピディオキシジルが配合されていて申し分ありません。

deeper3Dとフィンジアのどちらも、髪を作る細胞自体を活性化させ、そこに血液を送り込むことで、強い髪の毛を育てるのに十分な効果が期待できるでしょう。

つまり、髪にコシを出し抜けにくくするための攻めの効果は互角。

ですが、問題は抜け毛を引き起こす5αリダクターゼが元になる男性ホルモンを抑える働きです。

m字部分とつむじ部分の抜け毛の主な原因は男性ホルモン。

つまりどんなに成長因子等で髪を成長させても男性ホルモンを抑えない限り、成長途中で脱毛してしまいます。

deeper3Dには男性ホルモン抑制成分がキャピキシルしか配合されていません。

一方、フィンジアには、男性ホルモン抑制成分がキャピキシルと、ビワ葉エキス、ヒオウギエキスの3種類も配合されているわけです。

deeper3Dには他にもモンゴロイド三大伝承成分と言ってイラクサエキス、ユッカ根エキス、シーバックソーンも配合されています。

ですが、これらの3種類に男性ホルモンを抑え抜け毛を防ぐ働きはなく、頭皮トラブルを予防する効果しか得られません。

よって、総合的に見るとdeeper3Dよりもフィンジアの方が抜け毛を抑える働きと、今ある髪の毛を太くコシのある髪に育てる力が高いと判断しました。

m字ハゲはもちろんのこと、全体的にボリュームが減ってしまい、ヘアセットが決まりづらくなったって人は、deeper3Dよりもフィンジアを使うべきです。

フィンジアなら、使い続けることで抜け毛を防ぎ、髪の毛の成長期を伸ばすことで太く強くコシのある髪を作ってくれます。

 

キャピキシルの配合量はdeeper3Dもフィンジアも同じ

話題の育毛成分キャピキシル目当てでdeeper3Dかフィンジアのどちらかを検討している人も多いかと思います。

ですが、deeper3Dとフィンジアのキャピキシル配合量はどっちも5%です。

同じ含有量で得られる効果は同じなので、自分だったらキャピキシル以外の育毛効果で比較します。

ちなみに、deeper3Dは抜け毛を防ぐ働きよりも髪の毛を成長させる攻めの働きが強い商品です。

でも、deeper3Dにはm字ハゲの進行を止める男性ホルモン抑制効果が弱いため、個人的に微妙。

フィンジアなら、男性ホルモン抑制効果も高く、髪の毛を守りながら、髪の毛を成長させる攻めの効果も期待できます。

調べてみてこの結果に気づき自分は2年ほどフィンジアを使っています。

 

フィンジアとdeeper3Dの全成分比較

フィンジアとdeeper3Dの成分は、どの成分が同じで、どっちか一方にしか配合されていない独自成分には、何があるのか知りたい人のために全成分を記載しました。

フィンジアにしか配合されていない成分を青文字、deeper3Dにしか配合されていない成分を赤文字、どちらにも共通している成分を緑で記載しています。

フィンジア
エタノール、水、BG、ピロリジニルジアミノピリミジノキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルリチン酸2K、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒオウギエキス、キハダ樹皮エキス、メントール、グリセリン、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG-40水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール

deeper3d
水、エタノール、BG、グリセリン、エトキシジグリコール、ペンチレングリコール、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、プラセンタエキス、ヒトオリゴペプチド-5、合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31、トリペプチド―1銅、オクタペプチド―2、アセチルデカペプチド―3、ヒトオリゴペプチド―13、加水分解アナツバメ巣エキス、アボカド油脂肪酸プチル、リンゴ果実培養細胞エキス、グルコン酸亜鉛、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛、水溶性プロテオグリカン、ビオチン、ヒアルロン酸Na、シアノコバラミン、グリチルリチン酸2K、グリチルレチン酸、ニコチン酸トコフェロール、ナイアシンアミド、パンテニルエチル、グルコシルスペリジン、イラクサ根エキス、イラクサ葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ヒポファエラムノイデス種子油、マグワ根皮エキス、グアバ葉エキス、ゲンチアナ根茎/根エキス、ケンフェリアパルビフロラ根茎エキス、プテロカルプスマルスビウム樹皮エキス、ビワ葉エキス、トウガラシエキス、グルタミン酸、キサンタンガム、ソルビトール、デキストラン、レシチン、ユズ果皮脂、スペアミント油、メントール、プロパンジオール、PEG-40水添ヒマシ油、クエン酸Na、コハク酸2Na、没食子酸プロピル、フェノキシエタノール

こうやってみると、全25種類のフィンジアに対して、46種類も配合されているdeeper3dには独自に配合されている成分が多いことがわかります。

フィンジアのみに配合されている注目成分は、ピディオキシジル(ピロリジニルジアミノピリミジノキシド)、センブリエキス、褐藻エキス、ヒオウギエキス。

deeper3dのみに配合されている注目したい成分は、リデンシル(セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛が合わさった成分)、成長因子ヒトオリゴペプチド-5。

成長因子は毛根の細胞分裂を活発化させる働きがあります。

ピディオキシジルはミノキシジル誘導体と言われるミノキシジルを改良し開発した成分。

ミノキシジルに近い働きを残しながら副作用をなくすよう改良した成分。

育毛剤には3つの働きに分かれます。

1つが頭皮環境改善効果などの直接的な効果をもたらさない成分。
2つ目が男性ホルモンを抑える抜け毛を防ぐ成分。
3つ目が血行促進や毛根の毛母細胞活性化などで、髪を強く成長させる発毛促進成分。

この3つにフィンジアとdeeper3dの独自成分をあてはめると、抜け毛を防ぎながら、発毛促進をバランスよく行えるのはフィンジア。

育毛対策を成功させるには、抜け毛を防ぎながら残った髪と新しい髪を強く成長させることが大事なんです。

よって配合されている成分で考えるのなら、フィンジアの方がより効率的に育毛できると判断しました。

 

AGAによる抜け毛を防ぐ効果が高いのはDeeper3Dよりもフィンジア

額のM字ハゲとつむじハゲが進行してきている人はaga(男性型脱毛症)である可能性が高いです。

agaによる抜け毛を防ぐには、生え際とつむじの髪の毛を脱毛させている男性ホルモンを抑えるしか方法はありません。

Deeper3Dとフィンジアに含まれている男性ホルモン抑制成分を比較すると、フィンジアの方が多くagaによる抜け毛にはフィンジアの方が効果的だということがわかります。

フィンジアには、Deeper3Dにはない男性ホルモンを抑えるヒオウギエキスも配合されています。

まずは、男性ホルモンを抑えつむじとM字の抜け毛を抑えることが先決です。

早く、抜け毛と薄毛に効果を出したい人はフィンジアを選ぶべきです。

 

月々の価格を抑えたい場合はdeeper3Dよりもフィンジア

自分のようなしがないサラリーマンは、育毛剤を長く使い続けるためにも、月々の費用はできる限り抑えるべきです。

育毛剤の価格は、deeper3Dよりもフィンジアの方が圧倒的に安いです。

というかdeeper3Dは高すぎです…。

単品購入
deeper3D 14100円
フィンジア 12800円(送料640円)

定期購入
deeper3D 1回目は単品価格と同じ14100円だが、2回目から徐々に安くなるシステム。

フィンジア 9980円送料無料 2回目からでもいつでも解約可能なので、必ずフィンジアの定期コースを注文しましょう。

deeper3Dの使えば使うほど安くなるっていうと聞こえはいいが9回目でやっと10390円になり、それでもフィンジアの定期コースの価格9980円に敵いません。

正直、自分のようなサラリーマンには月々一万円越えは高すぎる。

費用に余裕がある人は問題ないが、そうでない人はフィンジアを使うべきです。

 

フィンジアとdeeper3dの定期解約縛りで徹底比較!勝者はフィンジア

だいたいの市販の育毛剤が、毎月1本定期的に配達する定期コースを注文することで1本あたりの価格をかなり下げるサービスを展開している。

ただ、定期コースは1本あたりの価格が安くなる商品が多いが、そのぶん解約までに最低でも4回は使わないといけないなどと制限があることが多い。

フィンジアとDeeper3Dの定期コース解約の縛り回数を比較すると、フィンジアの方が優れている内容になっていました。

まず、Deeper3Dには定期コース自体がない。

単品購入かまとめ買いしかできない。

育毛剤は毎月使うものなので、定期コース自体がないのが不便。

フィンジアは、定期コースで購入すると1本あたりの価格が安くなり、1回の利用からでも解約できる。

そのため、自分のようにサラリーマンで月々の育毛剤の価格はなるべく抑えたいという人は、絶対にフィンジアです。

 

フィンジアもdeeper3Dも痒みやかぶれが起きない安全な育毛剤

安全性に関して言えば、deeper3Dもフィンジアもどちらも頭皮に刺激を与える成分は配合されていないので、安心してに使えます。

頭皮が乾燥していたりフケや痒みが出やすい敏感肌の人でも、副作用なく問題なく使えるでしょう。

 

フィンジアとDeeper3Dの浸透力を比較

フィンジアとdeeper3dの頭皮の毛穴への浸透力を比較したところ、deeper3dには特に浸透力を高めるような工夫はなく、フィンジアの方が浸透力が高いことがわかりました。

いくら抜け毛に効果のある成分を配合しているからといって、毛穴の奥の毛根まで届かないと意味がありません。

Deeper3Dは浸透力を高めるような技術は利用されてませんが、フィンジアはカプサイシンによって毛穴を広げ、育毛成分を浸透しやすくしています。

育毛成分が毛根まで浸透し、より抜け毛や髪の毛に作用しやすいのはフィンジアだと断言できます。

 

フィンジアとdeeper3Dはフィンジアの方が使いやすさと使用感は上

フィンジアとdeeper3Dの頭皮への付けやすさと使用感、ニオイを比較した結果、フィンジアの方が使いやすいことがわかりました。

Deeper3Dは、市販の育毛剤の中では珍しいスポイトタイプになっています。

このスポイトタイプは個人的にかなり使いにくいが、スポイトには目盛りがついているので1回に使う分量は測りやすいメリットもあります。

ですが、スポイトの先端は頭皮に直接触れると不衛生なので、頭皮から離して垂らさないといけません。

それだけでも使いにくいのに、頭皮に垂らすとすぐに液垂れしてきてしまうのでかなり使いにくいです。

一方、フィンジアはスプレータイプなので、頭皮に直接つけず衛生的。

かつ、スプレー1プッシュで噴射される分量が決まっているため、付けすぎることもなく毎回同じ量を使用することができます。

使いやすさは、deeper3Dよりもフィンジアの方が優っているでしょう。

育毛剤自体の匂いはフィンジアもDeeper3Dも無臭といっていいです。

Deeper3Dには若干の匂いがあるが、育毛剤だとバレるようなにおいではないし、頭皮に塗ってからも持続はしないので安心。

どちらも満員電車や職場のエレベーター内で、臭いが原因でバレるようなことはないので安心して使えます。

 

フィンジアとDeeper3Dの返金保証制度を比較

フィンジアとDeeper3Dの返金保証が利用できる期間を比較したところ、フィンジアの方が利用者のことを考えた親切なシステムになっていることがわかりました。

育毛剤の返金保証は、万が一使ってみて頭皮に湿疹やかぶれが出てしまうような頭皮トラブルが発生したときに、全額返金してもらえる大事な制度です。

Deeper3Dは、14日間以内。

購入後、Deeper3Dの本体にミニボトルがついてきて、14日間お試しでミニボトルを使い、返金する場合は未使用の本体を返送する仕組みになっています。

万が一、本体を開けてしまった場合は返金保証が利用できないので、このことを最初に知らなかった人は返金保証が利用できないなんて事態も起きかねません。

フィンジアの返金保証期間は30日間。

フィンジア本体を使って、たとえ空になっていても30日間以内であれば返金できます。

全額返金保証制度を比較するとDeeper3Dよりもフィンジアの方が利用者にやさしいと言えるでしょう。

どっちを買おうか迷っていて、敏感肌で自分の頭皮に合うか心配な人は迷わずフィンジアでしょう。

フィンジアの公式サイトを詳しく見る

deeper3Dよりもおすすめなフィンジアと他の人気育毛剤の比較をもっと知りたい人は、下のページをご覧ください。

no image
育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由

いま28歳の自分は、今までM字ハゲに悩んでいました。 抜け毛の増加とともに髪が細くなり、前髪と生え際部分がスカスカになりつつあったんですよね。 そのため、髪も細いし、通勤前にヘアセットをしても髪がやわ ...

続きを見る

 

-未分類

Copyright© 育毛剤フィンジアが28歳M字ハゲを救った!圧倒的おすすめ理由 , 2019 All Rights Reserved.